スリーパー 浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ

竹内明

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062208185
ISBN 10 : 4062208180
フォーマット
出版社
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
竹内明 ,  
追加情報
:
320p;20

内容詳細

学生?教師?ヤクザ?カメラマン?警察官?…日本社会に“浸透”した北の工作員が動き出した―。切り札は、北のエリート工作員の“血”の秘密―。警察組織に裏切られた外事二課の元エース。追い詰められた公安警察・最後の狂犬。

【著者紹介】
竹内明 : 1969年生まれ。神奈川県茅ヶ崎市出身。慶應義塾大学法学部卒業後、1991年にTBS入社。社会部、ニューヨーク特派員、政治部などを経て、報道記者として国際諜報戦や外交問題に関する取材を続けている。2017年3月までニュース番組「Nスタ」のキャスターも務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たか さん

    日本版ダイハード的な作品。北の工作員、警察、公安が入り混じり、誰が味方で敵なのか最後までわからない。 『浸透』や『背乗り』など始めて聞く単語が出てくるが、北朝鮮の工作員が簡単に日本に潜入し、行方不明の人になりすまして暮らしているなんて、非常にリアルで怖い。 日本はスパイ天国と言われても仕方がない。 エンタメ作品としても優れているが、拉致被害者問題も絡めてあり、社会派作品としてみることもできる。ラストが少し可哀想。B評価

  • 緋莢@感想お休み中 さん

    図書館本。「ソトニ 警視庁公安部外事二課」シリーズの3冊目。どうやら、2冊目の「マルトク 特別協力者 警視庁公安部外事二課」を飛ばしてしまったようです。タイトルの「スリーパー(浸透工作員)」は、<身分を隠して敵国や敵対組織に潜入し、普通の生活を送っているが、ひとたび指令を受ければ諜報員として動き出すスパイ>の事。背乗りをした北朝鮮のスパイが巧妙に動いていく様、それを追う元公安刑事の筒見たち(続く

  • HiroshiKzk さん

    シリーズ三作目は読みやすく面白く。筒見のその後が気になります。

  • Atsushi Kobayashi さん

    北朝鮮、公安捜査の細かさ、トラップの多さが詳細に記載されているのですが、逆に細かすぎ&どんでん返しが多すぎて、全体の流れを見失います。精緻・ドンデンが好きな方向けですね。

  • chakiw5 さん

    浸透って?と思いながら読んだが、潜入よりもう一歩深く入る込む、本当に溶け込むってことだった。しかし北朝鮮の人たち拉致やら偽札やらいろいろ悪さするければ、その人的パワーを何故国内に向けないのだろう、その術を知らない訳ではないと思うがいつも不思議で仕方がない。今回の話はなかなか練り込まれていて面白かったが筒美が強いし龍哉が自分を背のりしているとはその設定にビックリ。筒美親子の幸せが来るかと思ったが最後は少し残念。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品