みんなで!いえをたてる

竹下文子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784032212204
ISBN 10 : 4032212201
フォーマット
出版社
発行年月
2011年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32

内容詳細

畑のそばの空き地に新しいいえがたつ。工事がはじまると、やってきたのはダンプカー、ショベルカー、ミキサー車…。定点観測でいえがたつまでを楽しく体験できる。隅々まで楽しめる乗り物絵本。

【著者紹介】
竹下文子 : 1957年、福岡県に生まれる。東京学芸大学卒業。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で路傍の石幼少年文学賞を受賞

鈴木まもる : 1952年、東京都に生まれる。東京芸術大学中退。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で赤い鳥さし絵賞を、『ぼくの鳥の巣絵日記』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 山田太郎 さん

    なんか女の子の割には乗り物の本好きだなと思いつつ一緒に読む。これはお父さんも楽しかった。

  • けんちゃん さん

    本屋さんで。「せんろはつづくよ」の新シリーズ、と銘打ってあり、表紙はともかく、もしかして「あの」子どもたちが家を作るのかな…なんてドキドキしながらページをめくりましたが、特にひねりもなく、更地から家が建ち、お引っ越しが済むまでを丁寧に追って描いた作品です。家を作るのはもちろん大人の本職たち。でもこの家に携わる一人一人が、誇りを持って仕事をしている様子が伝わってきて読後感がとても気持ちの良い絵本です。

  • りーぶる さん

    これまでのシリーズの乗り物がたくさん登場するので、それを見つけてとても喜ぶ娘。ショベルカーの1号車がお気に入りのようです。(2歳11か月)

  • しろくま さん

    5歳1か月のの息子と3歳4か月の娘と。様々な職種の人が関わって家ができることがよくわかります。息子が3歳くらいの頃は近所の建設現場をよく見に行っていました。パワーショベルで土をならしたり、コンクリートを流し込むところが好きだったな。

  • みさどん さん

    リフォームをしたばかりの我が家なので、興味も高かった。土台から壁、屋根、配線、そして庭造りまで、たくさんの人の手にかかっているから家って高いんだとよくわかる。この家の家族は幸せ者だな。しょせん、家は箱。中身が大事だよ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

竹下文子

1957年、福岡県に生まれる。東京学芸大学で幼児教育を学び、在学中に童話集『星とトランペット』でデビュー。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で路傍の石幼少年文学賞を、『ひらけ!なんきんなめ』(小峰書店)で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品