ならんでるならんでる

竹下文子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784032212600
ISBN 10 : 4032212600
フォーマット
出版社
発行年月
2014年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;21X26

内容詳細

ちいさいありがならんでる。あひるのおやこがならんでる。こどもが10にんならんでる。それからそれから?たのしいことがまってるよ!3歳から。

【著者紹介】
竹下文子 : 1957年、福岡県に生まれる。東京学芸大学卒業。「黒ねこサンゴロウ」シリーズで路傍の石幼少年文学賞を受賞

鈴木まもる : 1952年、東京都に生まれる。東京藝術大学中退。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で赤い鳥さしえ賞を、『ぼくの鳥の巣絵日記』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。鳥の巣研究家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • エッちゃん さん

    小さなありが並んでる先は?アヒルの親子が並んでる先は?子供が10人並んでるそれから、それから先は? 楽しいことが待ってるんです。子供達1人1人の表情がとても可愛い!絵が好きですね♪

  • >< さん

    初版2014年。いろいろ並んでいます。「並ぶ」にも、いろいろな意味がありますね。並ぶことで「待つ」ことを覚え、並ぶからこそ次に待っていることへの楽しみや期待という気持ちを覚え。深い絵本でした。絵がとてもあったかくて、好きでした。

  • 7petit さん

    ならんでいる小さな生きものから、どんどん視点が変わっていくだけの本なの?と思ったら!動きと拡がりのあるラストに読む側も読んでもらったほうも大満足!

  • 片腕の雨巫女。 さん

    《書店》みんなならんでる。ならんでる先には、素敵なことがまっている。と思っちゃうんですよね。

  • 遠い日 さん

    今はもう行列に並んだりするのは、きらい。でも、子どもたちは「並ぶこと」を覚えなくてはならない。社会生活を滞りなく行うためには、まず覚えなくてはならない。楽しいことが待っている。そんな思いで描かれた本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

竹下文子

1957年、福岡県に生まれる。東京学芸大学で幼児教育を学び、在学中に童話集『星とトランペット』でデビュー。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で路傍の石幼少年文学賞を、『ひらけ!なんきんなめ』(小峰書店)で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品