すすめ!きゅうじょたい

竹下文子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784323024530
ISBN 10 : 4323024533
フォーマット
出版社
発行年月
2014年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;24X25

内容詳細

ぼくたちきゅうじょたい、こまったことならおまかせ。くまのこがきからおりられなくなったどうする?ひつじがたにまにおちたどうする?きゅうじょたいしゅつどうだ!

【著者紹介】
竹下文子 : 1957年、福岡県生まれ。作家

鈴木まもる : 1952年、東京生まれ。画家、絵本作家、鳥の巣研究家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遠い日 さん

    小さくたって、救助隊。どこでも勇んで出かけてく。6人いれば、百人力。働く車で、大活躍。しっかり働く6人と、車を操る頼もしさに拍手。このシリーズは、みんないいなぁ。

  • 片腕の雨巫女。 さん

    《書店》カッコいい救助隊が、いてよかった。

  • 縞子 さん

    2歳7ヶ月。せんろはつづくシリーズが大好きなので、車はあんまり興味ない息子だけど借りてみた。最初のぼくたち6人きゅうじょたい!を1、2と数えるのが楽しいよう。

  • キャラメルベイベー@道北民 さん

    【図書館】せんろはつづくの続編っぽい作品。今回は重機やヘリを駆使していろいろな生き物達を助けていきます。働く車が好きなこにはおすすめかも。

  • しろくま さん

    4歳4か月の息子と2歳7か月の娘と。シリーズの中で未読の本でした。息子はこの本を見つけて嬉しそうでした。初読なので、「どうする?こんなときは…」と考えるのが楽しいみたいでした。娘は「わかんない!」ということが多かったです(笑)。子どもたちはカメの登場に一番盛り上がっていました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

竹下文子

1957年、福岡県に生まれる。東京学芸大学で幼児教育を学び、在学中に童話集『星とトランペット』でデビュー。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で路傍の石幼少年文学賞を、『ひらけ!なんきんなめ』(小峰書店)で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品