うみねこのなく頃に散 Episode7 上 講談社BOX

竜騎士07

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062838856
ISBN 10 : 4062838850
フォーマット
出版社
発行年月
2015年06月
日本
追加情報
:
295p;19

内容詳細

異端審問官・ウィルと右代宮家次期当主・理御の二人が挑むのは、ベアトリーチェ殺人事件の真相、そして、次第に明らかになる、六軒島連続殺人事件の謎・・・・・・。
「うみねこ」シリーズ新解答編がここに開幕!

【著者紹介】
竜騎士07 : 1973年生まれ。同人ゲーム作家の他、小説家、原画家など様々な活動をしている。2002年に同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に鬼隠し編』を発表し、人気シリーズとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    またしても新キャラで探偵役?登場。いろんな謎が徐々に判明していきます。続きが気になるが図書館予約している下巻はまだしばらく待たなきゃいけないっぽい。

  • Yobata さん

    ベルンカステルから用意された「ベアトを殺したのは誰?」という謎に挑むのは異端審問官のウィル,そして夏妃の長女とされる次期当主右代宮理御だった。金蔵が語り出すベアトの出会い。そして理御とは何者なのか…?うみねこ真解答編。ベルンが作り出した舞台上で語られ始めるベアトの正体。黄金を授けたベアト,九羽鳥庵のベアト,そして魔女ベアトと3人のベアトの真実がようやく語られたねぇw真相は結構予想通りで金蔵と最初のベアトとの出会いは割とベタな貴族の息子,娘同士のラブストーリー。金蔵も真っ当な時は結構イケメンしてたんだねw→

  • 鳩羽 さん

    異端審問官のウィルと金蔵の後の当主と決められた跡継ぎの理御は、ベルンカステルの用意した「ベアトリーチェを殺したのは誰か」という問いに挑む。フーダニットやハウダニットよりも、人の心を重視したホワイダニットを、聞き取り調査から丁寧に掘り起こしていくウィルは、黄金を授けたベアトリーチェ、九羽鳥庵に隠れ住んでいたベアトリーチェ、そして魔女としてのベアトリーチェの正体を整理していく。そして次期当主の理御が存在しなかった場合の理御、使用人ヤスの告白による謎明かしが始まる。

  • 寒っ!! さん

    ベアトリーチェについてかなり説明がされているけど,主観だけで語られている人物関係については信用してはいけないのだろう。ただ想像できる真相はちょっとおかしな感じもする。

  • END さん

    やっと読める完結編。しかし、あまりにも間が空いていたので再読です。過去のエピソードやルールを思い出しながらなので全てが読み解ける訳でもなく、凄惨な事件も起こらない物語は少しずつだけど真相に向かっているのだろうと感じる。読んでいて違和感を感じる部分があるが真相には辿り着けず、答え合わせの真骨頂は次巻なのかな?この巻で感じたのは様々な形の愛。世界の可能性は愛の在り方で変わるって事なのかな?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

竜騎士07

1973年生まれ。同人ゲーム作家の他、小説家、原画家など様々な活動をしている。2002年に同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に鬼隠し編』を発表し、人気シリーズとなる。2014年夏には総集編『ひぐらしのなく頃に奉』を発表。以後も創作活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

プロフィール詳細へ

竜騎士07に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品