きっとあの人は眠っているんだよ 穂村弘の読書日記 河出文庫

穂村弘

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309418100
ISBN 10 : 4309418104
フォーマット
出版社
発行年月
2021年05月
日本
追加情報
:
333p;15

内容詳細

純文学、ミステリ、漫画、SF、絵本、歌集、評論、エッセイ、ジャンルを問わず、読んだ後には目の前の世界が変化する…そんな驚異を秘めた本を求めて、“詩の探偵”穂村弘は今日も本屋をめぐり、古本屋をのぞき、友人と語り、頁をめくる。「週刊文春」大好評連載。

目次 : 1(昭和の漫画を読みふける/ 「他人の目」を借りる/ 天才ピアニストの悪魔的魅力/ 私たちが成熟できない理由/ 将棋の世界の真剣勝負 ほか)/ 2(鳥のしおり/ 千切り飛びはルフィニ終末/ 失踪、或いはリアリティの最深部への旅/ 夢のリアリティ/ ミステリーと詩は双子なんじゃないか ほか)

【著者紹介】
穂村弘 : 1962年、北海道札幌市生まれ。歌人。上智大学文学部英文学科卒業。『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞、歌集『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞を受賞。歌集、エッセイ集のほか、ほむらひろし名義による絵本の翻訳も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふう さん

    穂村弘の読書日記。数えきれないほどのたくさんの本について書かれています。作品に寄せる穂村氏の素直でユニークな視点に、こんな本の読み方があるんだなと、読書の楽しみがまた増えました。『みんなが面白いと云っている本、話題の本(略)向上できる本、読んでおいた方がいいだろうなと思う本、その全てを読みたくない日がある。(略)そんな時は昔の漫画を読むことにする。』その漫画に寄せる思いも熱くて、本が本当に好きなのだなと、そんな穂村氏がますます好きになりました。あいまに登場する古本屋、喫茶店、氏の日常も楽しめます。

  • 佐島楓 さん

    文庫で再読……のはずなのに、適度に内容を忘れていてほぼ初めまして状態のため楽しく読めた。読書の際の熱量が高いのが特徴だけれど、こんなふうにわたしは一冊一冊読めて(愛でて)いないな。クリエイターへの純粋な愛情と敬意に満ち溢れていて、気持ちが良くなる読書日記だった。続刊ももちろんお待ちしております。

  • Shun さん

    歌人・穂村弘さんのエッセイ初読み。新聞に掲載の歌壇欄にて著者の名は知っておりましたが、詩歌のこととなると未だ教養不足でした。本エッセイでは歌集を始め、著者の好きな小説から漫画まで様々な”本”を取り上げた日記調のエッセイ集となっています。今までもエッセイストによる書評はいくつか読んできましたが、流石本書は歌集の割合が多く短歌もいくつか抜粋されており、それを穂村さんがコメントするというとてもとっつき易い内容。短歌はどう読むものなのか、その切り口は勉強になりました。そしてこの方の選書も濃い内容でとても良かった。

  • yumi✽.。.:* さん

    今月は、仕事がうんざりするほど忙しくて、くたくたで、本を読む気力もなく、パラパラと短い本や挿絵のある本を読んでいたけど、読みたい衝動を覚醒させられた。穂村弘の読書日記。ミステリもSFも、漫画も絵本も、句集も歌集も、名作もB級も読み尽くす穂村氏。感想が若干ずれている気がする穂村氏。でも、そこが大好きな穂村氏。読みたい本が増えすぎて、困る。

  • ちぇけら さん

    ほむほむの抜き出す文章は、どうしてこんなに輝いているのだろう。読みたい本ばかり増えていく。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

穂村弘

1962年、北海道札幌市生まれ。歌人。上智大学文学部英文学科卒業。『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞、歌集『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞を受賞。ほむらひろし名義による絵本の翻訳も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品