ドイツ怪談集 河出文庫

種村季弘

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309467139
ISBN 10 : 430946713X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年03月
日本
追加情報
:
336p;15

内容詳細

知らない男が写りこんだ家族写真、窓辺に女が立つ廃屋の秘密、死んだ人間が歩き回る村、死の気配に覆われた宿屋…。ホフマン「廃屋」、マイリンク「こおろぎ遊び」、ヤーン「庭男」など、黒死病の記憶のいまだ失せぬドイツで紡がれた、短編の名手たちによる恐るべき悪夢の数々。種村季弘の選が冴えわたる、傑作怪談アンソロジー!

【著者紹介】
種村季弘 : 1933年、東京生まれ。ドイツ文学者。『ビンゲンのヒルデガルトの世界』で芸術選奨、著作集「種村季弘のネオ・ラビリントス」で泉鏡花文学賞を受賞。多くの著書と、マゾッホ、ホフマンなどの翻訳で知られる。2004年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 三柴ゆよし さん

    いつから以前読んだことがあると錯覚していた? マイリンク「こおろぎ遊び」が満点。チベットの山奥で……行方不明の探検家が……という時点で興奮する。闘蟋の場面のグロテスクさもすごいが、ひとりの男の怖いもの見たさが全欧州に破滅をもたらしてしまうという極大の誇大妄想的ヴィジョン。自分が知らないだけで、マイリンクにはまだまだ隠れた傑作が隠されていそう。ほかにハンス・ヘニー・ヤーン「庭男」、ルートヴィヒ・ティーク「金髪のエッグベルト」が印象に残った。ぜんたいに、怪談というよりは病的な物語が多く収録されている。

  • ハルト さん

    読了:◎ ドイツの重苦しさ暗さをより抜いて集めたような短編集。幽霊譚「オルラッハの娘」、人間の心の闇を覗くような「金髪のエックベルト」「庭男」、人間の好奇心と愚かさの先にあるもの「こおろぎ遊び」にゾッとしました。

  • 翠埜もぐら さん

    本当は再読。18世紀の怪奇小説は、幽霊とか怪奇現象を一生懸命理論的に説明しようとする傾向がドイツだけでなくあるような気がします。まあ理屈っぽいんですよ。なので「カディスのカーニバル」のように、ひたすら理不尽な現象がそこにあるだけと言う話は大好きです。大体説明できないからこそ怖いわけで、真昼間祭りの最中の広場での怪異、と言うのも楽しいですね。怪談集で楽しいはおかしいかな。

  • くろばーちゃん さん

    読みなれていないせいか、西洋の作品の古めの翻訳は私には読みにくく、時間がかかってしまった。この中でも「怪談」「写真」は新しめの作品でもあるためか、日本の怪談に近いものがあるためか、おもしろいと思えた。どの話にもそれぞれ印象に残る場面があり、いつかもう一度読み返したら深くあじわうことができそうな気がする。日本の作品とは違う恐怖、暗さ重苦しさをあじわうことはできた。

  • 季奈 さん

    病的な狂気の惨たらしさを書くホフマンの『廃屋』、一方通行の運命とは知らずに足を踏み出してしまったティークの『金髪のエックベルト』、死別モノの王道とも言えそうなシュトローブル『死の舞踏』辺りが傑作であった。ハウフの『幽霊船の話』なんかは後腐れなくさっぱりと終わるので、子供にも薦められると思う。 そして最後にホーラーの『写真』を持ってきたのは上手い。 なぜなら、『写真』は恐怖の根源たる目的性の無さ、いわば未知そのものを体現した短編で、種々雑多な話が纏められた一冊の読後感を、靡く煙のように完璧なものとしている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

種村季弘

1933年、東京生まれ。ドイツ文学者。『ビンゲンのヒルデガルトの世界』で芸術選奨、著作集「種村季弘のネオ・ラビリントス」で泉鏡花文学賞を受賞。多くの著書と、マゾッホ、ホフマンなどの翻訳で知られる。2004年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品