アナクロニズム

種村季弘

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309401096
ISBN 10 : 4309401090
フォーマット
出版社
発行年月
1985年03月
日本
追加情報
:
270p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • TKK さん

    アナクロというよりオカルティックと言った方がしっくりくる。目次から「地球空洞説」「人間栽培論」「モーゼの魔術」「血液嗜好証」およそ世間の主流にはなり得ない、種村氏曰く「ガラクタのおもちゃ」のようなものに心惹かれます。手に取る海外文学の翻訳者が種村氏である率が高く、やはり好奇心のベクトルが同じ方向を向いていたのだと納得しました。

  • 三柴ゆよし さん

    地球空洞説、ホムンクルス栽培、小児十字軍、血液嗜好症、空飛ぶ円盤といった、極彩色でありながら、それ自体ではなんの役にも立たないにちがいない<文化的ガラクタ>の数々について論じたエッセイ集。歴史の空隙に放擲され、一顧だにされないような事物をすくい上げ、軽妙洒脱な文章によって紹介するスタイルをとるが、結局のところ、いちばんおもしろがっていたのは、読者というよりも、作者自身だったのだろう。そんな気がする。

  • misui さん

    世界が明らかになっていく過程で捨象された、膨大な仮説や蒙昧。著者が「アナクロニズム」と位置づけた珍説・俗説・迷信の数々は、たしかに現在からすれば奇妙なものに映る。だがそれらは現前するものの背後にひっそりと息づき、正論だけでは捉えきれない人の精神の一側面を示してもいよう。有名な「葦原将軍」についての詳細な記述あり。

  • メイロング さん

    古本市で買ったあとからそのまま読みふけってしまうという至高の時間を味わう。一章一章の濃さがほどよく、種村季弘入門にぴったり。味のある文体で興味深いエピソードの奔流を与えてくれるんだけど、それを活用する日はきっとこない。だからいいよね。

  • あにこ さん

    こういう何の役にも立たないようなハナシが好きだ。卑俗にして高尚、マジメにしてフマジメな論考集。無用の用、という表現はふさわしくカッコイイ。もちろん、ほんまもんの無用もしれない。だけどそれでもいいじゃない。この世はそもそもバカバカしいのに。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

種村季弘

1933‐2004。ドイツ文学者、翻訳家、エッセイスト。『ビンゲンのヒルデガルトの世界』で芸術選奨、著作集「種村季弘のネオ・ラビリントス」で泉鏡花文学賞を受賞。多くの著書、マゾッホ、パニッツァ、ホフマンなどの翻訳で知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

種村季弘に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品