クローバー Trefle 2 マーガレットコミックス

稚野鳥子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088451190
ISBN 10 : 4088451198
フォーマット
出版社
発行年月
2013年10月
日本
追加情報
:
189p;18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • れみ さん

    もっとこじれるかと思ったら案外すんなり…と思いきや、妹・花音のせいで、なんだか思った以上に厄介な展開になってきた。妹尾くんの動きも気になるしなー。それはそうと、突然の柘植さん登場でやたらドキドキしてしまった(^_^;)沙耶と柘植さんのNYのお話も読めて良かった♪

  • まりもん さん

    レンタル。妃女子が細谷さんとの恋に気づいて付き合うことになって良かったと思ったら次の問題勃発。花音の言った事を思い出して付き合うことを諦める展開に。でももう一方で花音の裏の顔が・・・怖いなぁ。三女の柚葉がどう絡んでくるのか気になる。

  • 豆乳くま さん

    今一番好きな漫画。私のようなおばさんからみたら、アラサーなんて若い若い、自信を持って行け〜、と応援してます。まぁ実際のお年頃の焦りも解るしでもそんな捨てたもんじゃないよ30代。誠実な妃女子と遊び人の細谷教官の行方が楽しみです。妹ちゃんあまりこじらせなければ良いけれど。

  • chips さん

    妃女子、面白くて可愛いなぁ。良いお姉さん。細谷さんと急接近でいい感じ。

  • みやび さん

    ひなこさん二巻。細谷さんのことを自覚したね。やっぱり30代の恋愛は、ましてや二人とも久しぶりの恋愛だとなかなかスムーズにはいかないものだね。読んでいて切ないや。ひなこは真面目すぎるのかもしれない。でも、今まで一人で生きてきたから、仕方ない。そして細谷さんも今までの人生を否定出来ないから、ひなこを追いかけられない。でも、あの凹み方はひなこの事を真剣に考えてるんだろうな。妹尾くんはいい子だ。花音とどんな感じになるんだろう?柚葉は食いしん坊、花音は実は裏表のある子だったんだ。また悩んじゃうね、ひなこさん。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

稚野鳥子

8月25日、東京都生まれ。1988年、『半透明の扉』でデビュー。以後、「ぶ〜け」「コーラス」「Kiss」などの女性漫画誌で活躍を続け、25年間でヒット作を多数発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド