クローバー 12 マーガレットコミックス

稚野鳥子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088474908
ISBN 10 : 4088474902
フォーマット
発行年月
2002年03月
日本
追加情報
:
18cm,182p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さとまみ(コミックス&BL小説専用) さん

    ハルキ、本当に好きなんだ。

  • めいめい さん

    結婚がテーマなのかな。同期が次々と、で、柘植家の話題とハルキとのこと。12年前と今とでは時代背景からして変わってきているのか。

  • kumicom さん

    ハルキ優勢。さやがもっとちゃんとしないとダメなのよ!

  • 雨音 さん

    元気ない沙耶を励まそうとしたり、ハルキは健気。だから、嫌いになれないし憎めないんだよね。 ★★★

  • みやび さん

    ハルキが無念。ハルキの事好きだなぁ。ハルキといる時の沙耶は自然体だよね。プロポーズまでしちゃって。あり得ないだろうけど、ハルキと沙耶が結婚したら、沙耶は幸せだろうなぁ。でも柘植さんがいるしなぁ。柘植さんが辛い思いしてるのもわかるし。柘植さん母初登場。可愛い人で、嫁姑問題は問題なさそうだ。母が好きだったのは兄だったんだね。兄も初登場じゃないかな?父も優しそうだし。翠が沙耶に対して意識してる?あゆちゃんの火傷、びっくりした。先生溺愛しすぎだ。あゆちゃんは大人で冷静だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

稚野鳥子

8月25日、東京都生まれ。1988年、『半透明の扉』でデビュー。以後、「ぶ〜け」「コーラス」「Kiss」などの女性漫画誌で活躍を続け、25年間でヒット作を多数発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品