愛娘にさよならを 刑事雪平夏見 河出文庫

秦建日子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309411972
ISBN 10 : 4309411975
フォーマット
出版社
発行年月
2013年02月
日本
追加情報
:
277p;15

内容詳細

「ひとごろし、がんばってください」―幼い字の手紙を読み終えると、男は温厚な夫婦を惨殺し、水に沈めた。残された「ひとごろし、がんばりました」というメッセージ。二ヶ月前の事件で負傷し、捜査二課を離れ、娘・美央からも引き離された雪平は、娘への思いに揺れながら、再び捜査へ…。

【著者紹介】
秦建日子 : 小説家・脚本家・演出家。1968年生まれ。97年より専業の作家活動。2004年、『推理小説』で小説家デビュー。同作は“刑事雪平夏見”シリーズとして続編とともにベストセラーとなる一方、『アンフェア』としてドラマ&映画化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • absinthe さん

    このシリーズ、後になるほど面白い。よく出来てるし、フラッシュバックによって差し込まれる過去の断片が上手に一本筋を通してる。犯人、刑事、被害者。それぞれに愛娘がありそれぞれの道が明暗を分ける。それぞれが親として子を想う。今、まさに小2の娘を育てているabsintheには、どの親の決断も他人事に思えない。やる方にもやられる方にも涙。この巻もクリフハンガー。

  • チアモン さん

    シリーズ4作目。刑事か母か。雪平刑事のように強くなりたい。続きが読みたいが、このシリーズの積読本はこれで終わり。また機会があったら続きが読みたい。

  • はつばあば さん

    アンフェアシリーズ4巻読了。雪平は刑事の仕事が天職だったのかしら?、家庭のイザコザが嫌で仕事に逃げて最初の発砲に至ったのかな。刑事だからと云って人を撃って平気でいる雪平じゃない。眠れないから仕事に明け暮れ、夢を見たくないから眠らずに仕事。ホントに不器用な人と苦笑しながら、娘の元に戻る雪平に母子の未来の幸せを願う。

  • ありす さん

    面白くて一気読み。犯人たちが持つ『ひとごろし、がんばってください』という手紙。殺害現場に残された『ひとごろし、がんばりました』という手紙。不運な事故、それは間違いのない事実。でも被害者側したら、そんな一言では済ませられないのも事実。ラストの展開はちょっと雑さを感じてしまった。うやむやにしたかったのかな。美央の身に刻まれた印、「何故?」という疑問しか浮かばない。この親子、幸せになれるのかな?なってほしいな。【雪平夏見シリーズ4作目】

  • ゆう さん

    図書館本。シリーズ4作目。ひとごろし、がんばりました。不器用だけど母としての雪平が強く出た今作。タイトルからして嫌な予感はしてたんだけど、距離が縮まりそうなのにうまくいなかいっていうのが切ない。安藤の「また、雪平に…」っていう思いもまた切ないし。とりあえず既刊の雪平シリーズは読了。これで最後だったりして…って感じがしないでもないけど、秦さんが10巻完結くらいの息の長いシリーズにしたいっておっしゃっているようだし。ドラマと違う流れを進むこのシリーズ、気長に続刊を待とうかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

秦建日子

小説家・脚本家・演出家・映画監督。1968年生まれ。1997年より専業の作家活動。2004年『推理小説』で小説家デビュー。同作は“刑事 雪平夏見”シリーズとして続編とともにベストセラーとなり、『アンフェア』としてドラマ&映画化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

秦建日子に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品