アンフェアな国 刑事 雪平夏見 河出文庫

秦建日子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309415680
ISBN 10 : 4309415687
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
追加情報
:
408p;15

内容詳細

外務省職員が犠牲となった轢き逃げ事件。ただちに犯人として危険ドラッグ常習者が逮捕される。しかし、新宿署に異動した雪平のもとに「警察が逮捕したのは全然違う人だ」という目撃者からの電話が…。やがて事件を追う雪平と仲間に悲劇が襲いかかり、真相を暴くため、彼女は海を渡る。ベストセラーシリーズ、最新作!

【著者紹介】
秦建日子 : 小説家・脚本家・演出家。1968年生まれ。97年より専業の作家活動。2004年『推理小説』で小説家デビュー。同作は“刑事 雪平夏見”シリーズとして続編とともにベストセラーとなる一方、「アンフェア」としてドラマ&映画化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まるけん さん

    やっ、やっ、やっちまいましたぁ。もぅ。既読だったぁ。くそっ。久々の女刑事との再会、雪平ぁ、と思いましたが、途中から気が付き…。でも男として最後までイキましたっ。あの最後の問いかけ、プロポーズしたあいつへの雪平夏見の答えは…ってやつ。もうこうなったら絶対に既読ではない攻撃❓に移ります。将来を予習する意味でも『定年オヤジ改造計画』へっと。しかし…雪平ぁ。早く新刊でないかな。

  • future4227 さん

    な、なんて終わりかたをするんだ!超いい所で「つづく」みたいな。その先が気になるー。続編すぐ出してくれー。雪平夏見アンフェアシリーズ第5弾。身体的ハンデを背負うことになった雪平だが、凄腕ぶりは健在。今回は日韓関係の現在の微妙な空気を巧みに盛り込んだ作品と言える。たまたま初めて降りた西新井駅のホームでこの本を読んでいたら、雪平刑事が西新井駅に来る場面がちょうど出て来て、なんか運命的なものを感じてしまった。あービックリした。

  • to boy さん

    前半に出てくるいろんな話がどうやって繋がるのかが見ものでした。でも、小学生の事件はどういう意味なのかちょっと理解できず。みなさんの感想にあるようにラストが気になりますよね。続きがあるのかな。

  • tottokopiyo さん

    色々と伏線があって、謎は解けてすっきりする。だけど、最後にその終わり方ありで、気になる。

  • ギンジロウ さん

    ★★★☆☆ ドラマみたいにいいところで終わる

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

秦建日子

小説家・脚本家・演出家・映画監督。1968年生まれ。97年より専業の作家活動。2004年『推理小説』で小説家デビュー。同作は“刑事 雪平夏見”シリーズとして続編とともにベストセラーとなり、『アンフェア』としてドラマ&映画化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品