髪飾りの少女

秋葉舞子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784898153246
ISBN 10 : 4898153240
フォーマット
出版社
発行年月
2011年12月
日本
追加情報
:
14X20

内容詳細

綺麗にしても、カワイイものにかこまれても、たりないもの…ときどきふと淋しさがこみあげてくるあなたの絵本。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヒロ@いつも心に太陽を! さん

    最初、怖い話なのかと思ったくらい全体的に陰鬱とした色合いの独特な雰囲気を醸し出した絵本。だからこそさいごの金色のドアノブがピカピカ光って見えたよ。ともだち、できてよかったね(*^□^*)

  • にゃんこ さん

    ぬいぐるみに本、鏡にお鍋、トランプにサイコロ、ルービックキューブにウクレレまで‼ ありとあらゆる「髪飾り」でおめかしした女の子。 精一杯のオシャレです。 でもね、やっぱり1人はさみしくて…。 書店ではなく、雑貨屋さんで出会った本。 表紙を見て、一目惚れ♡ お話の内容にも共感しました。 きっときっと、この女の子にもステキな未来が待ってる気がします(*^^*) 最後の、部屋の壁かな?に飾ってあるモノ見たら… きっと誰もがそう思うと思います♬

  • 雨巫女。@新潮部 さん

    《書店》しかし、あんなに髪飾りは、つけなくてもと思ってしまった。友達できるといいね。

  • のし さん

    ひとりぼっちでいる少女。ひとりでいるから自分の弱さにも気づいていなかった。誰もが持っている心の弱さを書いた本。自分を連れ出す誰かを求めて誰もがいると思う。鋭い内容でした。

  • ハイカラ さん

    過剰に着飾ったりせず、素の自分を見せることが大切。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

秋葉舞子

絵本制作のほか、イラストや立体作品の制作を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品