ブラック企業経営者の本音 扶桑社新書

秋山謙一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594070021
ISBN 10 : 4594070027
フォーマット
出版社
発行年月
2014年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
183p;18

内容詳細

なぜ、長時間拘束できるのか?/なぜ、残業代を払わなくて済むのか?なぜ、社員を使い捨てにできるのか?経営者サイドが明かした怖すぎる本音!

目次 : 第1章 有名ブラック企業にみる矛盾だらけの実態/ 第2章 ブラック企業に見る“恐怖の社畜洗脳術”/ 第3章 ブラック企業経営者の本音(インタビュー集)/ 第4章 ブラック企業の最新事情と未来予測

【著者紹介】
秋山謙一郎 : 1971年兵庫県生まれ。ジャーナリスト。週刊SPA!、週刊ダイヤモンド、週刊ポストなどに寄稿。ブラック企業などの労働問題、金融経済、政治行政、裏社会まで一貫して“ウラ”を追い続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふ〜@豆板醤 さん

    3。ブラック企業の実態についての本。ワタミやユニクロなど有名どころ以外にも、「使える奴を探すために、採用する。後は知らない」「ハロワゆうのはな、そこそこ経営がきちんとしてる会社は使うことあらへん」など、一部の経営者の本音が知れてよかった。募集要項に含みを持たせるのも奴らの策略!必要以上に罪悪感を植え付けようとしたり叱られ役がいたり、という事例にも納得。事例紹介だけでなく働く側の対策も少し考察されていて、「仮面社畜(従順な人を演じること)」を提唱していた。毅然とした態度を失わないことがポイントらしい。

  • さきん さん

    ブラック企業と呼ばれる経営者たちなりに、合理的に考えていることがよくわかる。余計なことを考えない素直で従順な人を雇うように心掛け、考える間もないほどの仕事量と時間で拘束する。小さいご褒美、例えば缶コーヒーを与えたり、食事に連れて行って仲良くするけれども、本質的な労働時間の短縮や仕事量を減らす、給与を上げるということは絶対に譲らない。口約束が多く、明文化してあっても解釈の幅を持たせるようにする。太陽と嵐政策て比べれば、嵐的な発想。

  • ヨータン さん

    ブラック企業の社員側からの本は何冊か読みましたが、経営者側からの声は初めてでした。どの経営者も社員は消耗品で使い捨てとしか思っていないのって、腹立たしくてしかたがありませんでした。自分の会社の社員を大切にしないで、顧客を大切にすることは絶対にできないと思うので、最後は自滅していくと思います。

  • リキヨシオ さん

    再読!ブラック企業ではなく「ブラック企業の経営者」が述べられた作品。大量採用、早期退職、事実と異なる募集要項というイメージがあるけれど、ブラック企業には体育会系のような人間関係の構築と宗教のような洗脳で使い勝手のいい社員作りが行われる。職場にて「嘘つき」「詐欺師」「裏切り者」を演出する事により経営者による結束感やカリスマ性を創りだす。でもそれは経営が回っている会社であり「社員はただの消耗品、理想は使い倒せる人間」という会社もある。いずれにしても経営者というのは会社員ではなくあくまで経営者という職業である。

  • うえ さん

    “ブラック企業”という言葉を最近よく見聞きしますが、思えば「被害者にあたる従業員サイド」からの話ばかり目立っています。そんな中「加害者と目される経営者サイド」の話に耳を傾けたのが本書。両者の視点を持ちたいと軽く手に取ったのですが、期待以上に面白かったです。 仮面社畜(→企業に服従しつつも自分を見失わない、逆にブラック企業を使い捨てる人)なんて言葉まで生まれててすごい。 ハラスメントに関する記述も少し。「学問に携わってるから自分は偉い」大学教授の発想はおよそこんなだから平気でアカハラなんてするのですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品