まんがキッチンおかわり

福田里香

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784778314033
ISBN 10 : 4778314034
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
追加情報
:
95p;26

内容詳細

◆フード理論で読み解くと、まんがが100倍おもしろくなる
――――おいしい名作まんがから生まれた、かわいいお菓子レシピ&愛たっぷりのエッセイ集!

◆豪華ロングインタビュー
諫山創・雲田はるこ・中村明日美子・水城せとな

◆トキメキ描きおろしまんが
雲田はるこ「R先生」

◆ひとくちフードインタビュー&未収録イラスト掲載!
市川春子・雲田はるこ・東村アキコ

◆名作しかない! ! 極上のまんが×お菓子レシピ
『3月のライオン』羽海野チカ/『ポーの一族』萩尾望都/『黒薔薇アリス』水城せとな/『ガラスの仮面』美内すずえ/『レディ・ギネヴィア』名香智子/『こいきな奴ら』一条ゆかり/『鋼の錬金術師』荒川弘/『シュトヘル』伊藤悠/『進撃の巨人』諫山創/『海月姫』東村アキコ/『海街diary』吉田秋生/『娚の一生』西炯子/『一緒に遭難したいひと』西村しのぶ/『おおきく振りかぶって』ひぐちアサ/『昭和元禄落語心中』雲田はるこ/『イタズラなKiss』多田かおる/『関根くんの恋』河内遙/『アーシアン』高河ゆん/『聖☆おにいさん』中村光/『MAMA』売野機子/『Jの総て』『ばら色の頬のころ』中村明日美子/『宝石の国』市川春子/『土星マンション』岩岡ヒサエ/『町でうわさの天狗の子』岩本ナオ/『きょうの猫村さん』ほしよりこ/『うさぎのヨシオ』近藤聡乃/『センネン画報』今日マチ子/『ふくれっつらのプリンセス』『ガラスの花束にして』岩館真理子/『ほうせんか・ぱん』大島弓子/『きのう何食べた?』『大奥』よしながふみ(掲載順)

【著者について】
福岡県生まれ。武蔵野美術大学卒。お菓子研究家として雑誌や書籍を中心に活躍している。オリジナリティ溢れるレシピ本のほか、独自のフード理論を展開するエッセイなど著書多数。レシピ本に『フレーバーウォーター』『自分でつくるグラノーラ』(文化出版局)『フードを包む』(柴田書店)、エッセイ本に『ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50』(太田出版)などがある。本書のシリーズ第1弾『まんがキッチン』(アスペクト/文春文庫)も大好評発売中。

【著者紹介】
福田里香 : 福岡県生まれ。武蔵野美術大学卒。お菓子研究家として雑誌や書籍を中心に活躍している。オリジナリティ溢れるレシピ本のほか、独自のフード理論を展開するエッセイなど著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 匠 さん

    なんとも濃い1冊!お菓子研究家である福田さんの漫画と関連付けたフード理論がすごく納得できて面白かったし、著名な漫画家30人とのコラボや思わず頷きながら笑ってしまうロングインタビュー、そして作品にちなんだお菓子のレシピと盛りだくさん。一文字たりとも読み飛ばせない内容の濃さ。それになにしろ福田さんの漫画の読み方に深い共感を覚えて嬉しかった。ざっと挙げられている漫画作品の3分の1程度しか僕は読んでないけど、既読のものも含めてもう一度じっくり読み直してみたくなった。買って良かった♪

  • ひめありす@灯れ松明の火 さん

    まんがに出てくるレシピを再現するのではなく、漫画そのものをレシピとして再構築する、という新しいパターンの料理と漫画の本です。色々の考察と、漫画家自身が語るフードについてが面白い。ここでも語られる花の24年組。微妙に被ってるらしい山岸涼子しか読んだことがないので、いつか手を出してみたい。そしてフード善人説を私は信じたいなあと思う所存です。食べてみたいのはピンクのボンボンと、コピック風味のかき氷。読んでみたいのは海街ダイアリィと町で噂の天狗の子、でした。幼き日のポエムとイラストも、とっても可愛くて上手でした。

  • ひめありす@灯れ松明の火 さん

    何となく再読。表紙の男の人のコップの満ち方いいですよね。とよしながさんとの対談を読んで思いました。ちょっと雑な感じなんだけど、これって相手の事を考えた持ち方ですよね。相手が熱い思いをしないように、ちゃんと取っ手を握れるように、そして口をつけるところに指が触れないようにという、イケメンな持ち方なんですよ!レシピはファンアートに近いし、再現のむつかしいものもあるのでちょっと置いておきたい。漫画における食の描き方に対する評論が密度と熱意が濃くて、こういう解釈もできるんだなーと感動しました。これだけで一冊出来ます

  • じゅき さん

    図書館でたまたま手にする。コラム読み応えありです。まんが読んでないのでちょっとよんでみようかな〜なんて思いました。

  • きつねこ さん

    新刊のおかわりはよしながふみさんの、イラストの表紙裏表紙。本文にも出てきましたが、ひねりがきいている。文字がびっしり。福田さんの熱いこだわりが湯気たてています。インタビュ〜や対談もたっぷり。普段はあまりマンガを読みませんが、何冊か手に取ってみたくなりました。懐かしいものも、読み直してみたいなあ 。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品