ドロ刑 1 ヤングジャンプコミックス

福田秀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088910260
ISBN 10 : 4088910265
フォーマット
出版社
発売日
2018年05月18日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19

内容詳細

「捜査のすべては、ドロ刑に始まりドロ刑に終わる」

ホシは、全犯罪で一番多い窃盗犯。検挙率第1位の盗犯捜査のスペシャリスト、それが警視庁捜査三課刑事、通称《ドロ刑》。新米ドロ刑・斑目が出逢ったのは、伝説的大泥棒・煙鴉だった!? 手練手管の職業泥棒、煙のように捉えどころのない怪盗紳士。果たして彼らを捕まえることはできるのか…!?

盗られたモノは捕り戻す! 《泥棒×刑事》、異色の《相棒》捜査線! 明日から試せる防犯テクニックも充実の第1巻!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しましまこ さん

    これは面白い!『ドロ刑』窃盗犯罪を捜査する警視庁捜査三課の通称。ドロ刑の熱血新米刑事と、泥棒紳士がタッグを組んで事件を解決?泥棒紳士?(笑)相棒?そんなバカなと思いつつも、この泥棒さんがドツボでございまして、やさぐれ感漂うアラフィフのお茶目さん。紫煙の似合う白髪の曲者なんだよ。さみしくって熱血ワンコに追っかけられたいってのがまた、可愛いんだよ。早く次巻を出してくれー!

  • でんか さん

    一般漫画。わんこ系刑事と知能派泥棒のバディもの。刑事の捜査に、泥棒さんがいいアドバイス、そして泥棒さん派泥棒さんで思惑がありそうで、てな感じ。しかし、泥棒さんのとっつあん坊やみたいな童顔が気になって、話そのものは面白いと思うのだけど、続きは断念。

  • 新天地 さん

    頭脳担当の飄々とした老獪な怪盗紳士と肉体労働担当の猪突猛進な若手刑事のバディもの。身近な事件である「窃盗」をメインに据える日常の謎以上殺人事件未満のミステリなのが面白い。防犯知識を知りつつ軽く読めるが、被害者や関係者の「声なき声を聴く」だけでなく、犯人の犯行の手口への矜持と執着という「声なき声を聴く」内容でもあるのが面白く、また殺人事件よりもはるかに身近で起こりうる可能性の高い「盗み」という犯罪であるだけに意外と怖い。事件のスケールが大きすぎず小さすぎないのも好き。

  • よねはら さん

    フィジカル極振りの大型犬刑事&ミステリアスなドロボウ紳士でバディものって、それキャラものすぎるのでは…という予想を裏切り非常に楽しく読めました。丁寧に作られた対窃盗犯の事件が刑事目線、泥棒目線で語られるのがなかなか新鮮。キャラ萌で楽しむもよし!!!(笑)

  • へへろ〜本舗 さん

    煙鴉、飄々としていてやたら熱血の斑目といいコンビ。飼い主とワンコ…と言い切るには何かが足りない。煙鴉の吸ってる煙草、ガラムで想像してしまった。でも香りが独特だからガラムの残り香だったらすぐに足がつきそうだけどね。次の巻が楽しみ。ワンコネタが次でもあるといいな

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド