江戸の性愛学 河出文庫

福田和彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309471358
ISBN 10 : 4309471358
フォーマット
出版社
発行年月
1988年05月
日本
追加情報
:
15cm,245p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • とん さん

    『江戸の性愛学』. 江戸時代の性生活についての内容. 遊女って娼婦のことだと思っていたが, もっと格式高い存在だとわかって面白かった. 隠語で書き放題してる文献が多くて面白い. 浦島太郎が実は竜宮城で性接待された話だったとか, なかなかお目にかかれない.

  • UMA さん

    江戸時代の好色文化について語った本は多々あれど、この本では古代〜平安にまで遡ってたり天皇・大名の閨房事情まで踏み込んであって非常に興味深かった。浦島太郎の元ネタがただのエロ小説だったとは……。

  • VC さん

    日本人は世界の中でもかなりエロいよね。まさか陰部の形をした妖怪までいるとは思わなかった。

  • るかを さん

    「女性の性感はクリトリス中心である」という考えが江戸の書物にあったことは興味深い。日本のセックスに対する考え方は逆に後退したのかもしれない。 古い本なので男→女の目線は一方的だが江戸のセックス文化に対して深い知識を与えてくれる

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪... |2016年03月07日 (月) 17:30
    堀江貴文 / 君はどこにでも行ける
  • アクティブラーニングで学ぶジェンダー 身近にあるけれど気づきにくい“ジェンダー”。おもちゃ、物語、エイジング、精神疾患、デートDV、母娘関係、キャリア・デ... |2016年03月07日 (月) 13:10
    アクティブラーニングで学ぶジェンダー
  • 田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』 働き過ぎ、結婚難、など男性ゆえに抱える問題、「男性学」の視点から、多くの若者が抱える悩みや生きづらさを解きほぐします... |2016年03月04日 (金) 17:00
    田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』
  • 日本人だけが知らない この国の重大な真実 安倍政権に埋め込まれた「時限爆弾」――日本発、「第3次世界大戦」のシナリオ―「明治維新=日本の戦争国家化」は、まだ終... |2016年03月04日 (金) 17:00
    日本人だけが知らない この国の重大な真実
  • 京都ぎらい 生粋の京都育ち京都在住の著者だから言える、「こんなん書いてええのんか?」的衝撃の新京都論。ロングセラーです。 |2016年03月03日 (木) 13:50
    京都ぎらい
  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?

おすすめの商品