鎮護国家の大伽藍・武蔵国分寺 シリーズ「遺跡を学ぶ」

福田信夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787709325
ISBN 10 : 4787709321
フォーマット
出版社
発行年月
2008年12月
日本
追加情報
:
21cm,93p

内容詳細

奈良時代の中頃、天然痘の流行など王権の危機に直面した聖武天皇は、各国に国分寺の建立を命令。そして都から遠い武蔵国に、国分寺の中でも最大の規模を誇る僧寺・尼寺が造営された。大伽藍の威容とその変遷を辿る。〈受賞情報〉毎日出版文化賞企画部門(第65回)

【著者紹介】
福田信夫 : 1951年、東京都生まれ。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。東京都国分寺市教育委員会で埋蔵文化財保護行政、国指定史跡武蔵国分寺跡の保存整備に携わる。現在、同教育部ふるさと文化財課課長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • rbyawa さん

    e151、かつて律令制の頃、武蔵国府と対として作られた国分寺、というのは概念としてまではわかるものの、どうも地域資料を読んでいても「いつなくなったかわからない」「発掘されたのはつい最近」と言われていて全貌が掴めず、この本を手に取ったら語られているだろう、と思っていたが、新田義貞が鎌倉攻めの時に燃やし(どこを攻めてた時?!)再建する替わりに薬師堂、とか、瓦が祟るからって数百年置き去りにしてあったりと、わりとはっきり徹底して放置していた…らしい。でもこの国分寺が日本で最大だったらしいんだよなぁ、なんだろこれ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

福田信夫

1951年、東京都生まれ。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。東京都国分寺市教育委員会で埋蔵文化財保護行政、国指定史跡武蔵国分寺跡の保存整備に携わる。現在、同教育部ふるさと文化財課課長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品