クラシック音楽鑑賞事典 講談社学術文庫

神保m一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061586208
ISBN 10 : 4061586203
フォーマット
出版社
発行年月
1983年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,1003p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
クラシック楽曲解説の古典的名著であり、僕...

投稿日:2018/04/01 (日)

クラシック楽曲解説の古典的名著であり、僕のクラシック知識の根っこになっている本である。元になっている『名曲をたずねて』が1934年の本であり、また著者による加筆・修整がなされてからも40年以上経ているということもあり、楽曲の解釈や作曲家・演奏家の情報の古めかしさは如何ともし難いものがある。それでも僕はこの本を折に触れて手に取り、愛読し続けている。神保氏の格調高い、品のある文章を愛するがゆえである。もう今ではお眼に掛かれない、いかにも戦前の教養人らしい文体である。また神保氏の文章には独特のリズムがあり(「ステージの実演を第一とし、レコード録音を第二としていたが」など)、慣れてくると楽しく読めるからである。今後、新しい読者のために情報面での手直しは必要だが、文章そのものは手をつけないでもらいたい。神保氏の名文こそ、本書のキモなのだから。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェルナーの日記 さん

    本の題名どおり”音楽に対する事典”の1冊。1000頁以上もある大作だが、その頁数に恥じず、中世〜近代までにおける音楽を取り扱っている。器楽・管弦楽・室内楽・ジャズ・声楽・歌劇・楽劇に至るまで―― 楽曲の形式は、交響曲・協奏曲・奏鳴曲・組曲・序曲・前奏曲・譚詩曲・奇想曲・嬉遊曲・練習曲・幻想曲・即興曲・狂詩曲・輪舞・小夜曲・交響詩を五十音別に作曲家ごとに解説している。さらに指揮者・演奏者・声楽歌手の紹介と楽団と合唱団までもが解説されているので、この1冊があればほぼ全ての音楽(クラシック音楽)を網羅できる。

  • 葉っぱ さん

    名前だけ有名で交響曲ひとつぐらいは知ってるけれど、それも通しで聞いたことはないし他の曲はまったくわからん、みたいな作曲家ってたくさんいるよね〜。そういうときに「この曲をつくった人はこんな曲もつくっています」(アマゾン風)な紹介を読める。便利だけど他の人が言ってるように通読するもんではない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品