異端の民俗学 差別と境界をめぐって

礫川全次

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309224510
ISBN 10 : 4309224512
フォーマット
出版社
発行年月
2006年04月
日本
追加情報
:
20cm,210p

内容詳細

柳田国男が放棄した、稲作以外の境界で暮らす差別された人々を研究してきた、喜田貞吉、中山太郎、菊池山哉、瀧川政次郎らの先駆的民俗学者の業績に今日的な光を当て、柳田民俗学の盲点を補強する画期的な試み。

【著者紹介】
礫川全次 : 1949年生まれ。ノンフィクション・ライター。フィールドは、近現代史・犯罪民俗学・特殊民俗学。歴史民俗学研究会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ma_2 さん

    何に対しての「異端」なのか?民俗学の正統とは、柳田國男なのだろう。「民族の伝統的な文化、信仰、風俗、慣習、思考の様式を解明することにある」民俗学に於いて、そもそも異端も正統もないだろう。人が暮らせば、性の営みは必然。陽と陰は対。陽の当たらない俗習こそ人間の生の根源なのだ。禁忌を廃し、学問として認められたとしても、それは上澄みでしかない。在野にあってこその民俗学と思う。異端など無い。

  • Takashi Edamoto さん

    全般、さらっとした紹介になっているので、興味がある民俗学者を追う為の入門書には良いと思う。 とっかかりとしては面白いが、手に入りにくい資料ばかり増えて困る(笑

  • NEXTAltair さん

    尾佐竹猛と喜田貞吉は覚えておこう

  • ぺろり さん

    尾佐竹猛−犯罪民俗学 中山太郎−人柱・オナリ・皇居二重櫓 中山太郎おもしろいな。

  • カネコ さん

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

礫川全次

1949年生まれ。在野史家、歴史民俗学研究会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品