Lily ――日々のカケラ――

石田ゆり子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163907420
ISBN 10 : 4163907424
フォーマット
出版社
発行年月
2018年01月
日本
追加情報
:
160p;21

内容詳細

女優・石田ゆり子が日々、大切にしているのは、とてもささやかなこと。
心地よい空間に身を置く。からだの声をきく。人と比べない。
変化を恐れず、切り口は新しく。ユーモアを忘れず、いまを楽しむ……。
あたりまえかもしれないけれど、そんなささやかなことの積み重ねが〈いまの石田ゆり子〉を作っています。
10代のころからとことん自分と向き合い、もがいたなかで得た、石田流哲学&美学。それは老若男女問わず、誰にとってもなにかしら支えとなる、心地よく生きる技が潜んでいます。
大好きなものなどについて綴った21編のエッセイ、正直に語ったロングインタビュー。美の秘訣やお気に入りレシピ、硬軟とりまぜた103のQ&Aほか、全編撮り下ろし、書き下ろし。同居人(猫)・ハニオとタビの成長日記のおまけつきの、石田ゆり子のカケラがたっぷり詰まった、やさしくて、とびきり楽しい1冊です。


【目次】
日々のカケラを拾い集めるように
大人になったいま

暮らしのカケラ
愉しい部屋
いちばん好きな場所
コーヒー党
香り
一輪だけ花を

一緒に暮らそう
本は友達
コチコチ
うちにくる?
 
わたしのカケラ
interview 美しさは、健やかさから
      
                
服が好き
自分にご褒美
からだが喜ぶ
ぐっすり眠る
書くということ
比べない、競わない
自浄作用
宮崎駿さんの世界
いらないんじゃない?
独身主義じゃありません
interview 食に関するわたしのルール
わたしのレシピ 

ハニオとタビの成長日記

ロングインタビュー

緒形拳さんのこと
  
石田ゆり子に根ほり葉ほり 103のQ&A



著者略歴:
1969年10月3日生まれ。東京都出身。88年、NHKドラマ「海の群星」てにデビュー。主な出演作は、映画『サヨナライツカ』(10)、『悼む人』(15)、ドラマ『不機嫌な果実』(97)、『はだしのゲン』(07)、『逃げるは恥だが役に立つ』(16)など。映画『もののけ姫』(97)、『コクリコ坂から』(11)などスタジオジブリ作品では声優も務める。

【著者紹介】
石田ゆり子 : 1969年10月3日生まれ。東京都出身。88年、NHKドラマ「海の群星」にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    先週、サワコの朝で石田 ゆり子を観ました。 http://www.tbs.co.jp/tv/20180922_BB76.html そのタイミングで、職場の読友さんから借りました。石田 ゆり子、初読です。番組の内容との重複も多いですが、珈琲党だったり、宮本輝の「錦繍」が好きだったり、共通点も多く、親近感が湧きました。もしも、「石田 ゆり子」が妻だったら・・・私の妻と彼女は同世代です。

  • しいたけ さん

    お叱りのコメント、いや、もしかしたら直メッセージもあるかも。それでも敢えて、敢えて言わせてもらいます。ゆり子さんと同じところがいくつかありました。待って。最後まで聞いて。仕方がないでしょ、あったんだから。ひとつは本の山に囲まれた場所で足を投げ出して読んでいるところ。それからコーヒー党であること。小物が好きで、買いもとめては透明なガラス扉付きの棚に飾ってあること。眠りにつくとき微笑むことにしていること。これだけあれば、わたしはもう「ゆり子」とハンネを変更してもよろしいんじゃないでしょか。ないですね、はい。

  • とも さん

    女優・石田ゆり子さんのフォト&エッセイです。衝動買い。 いつまでも可愛らしい方だな、逃げ恥の役好きだった位の意識だったので初めて知ったことがたくさん。自惚れるな、と自分でも思うけど好きなものや本に対する考え方が似ていてトイレに!置いてる!わたしも!本!と興奮してしまいました。少し垣間見ただけだけど彼女のように好きなものに囲まれた家をいつか作り上げたいと思います。仕事や人生への取り組み方はとても勉強になったので寝る前に笑うことから始めようかと思います。

  • milk tea さん

    2018年1月30日発行し、その1ヶ月後に既に5刷。その人気ぶりが伺える。気負いない言葉の数々がホッコリさせられるやら幸せな気分にさせてくれるやらで、石田ゆり子さんはこれからも目が離せない女性といったところだろうか。ところどころにある手書きのイラストもなんとも可愛い。犬・猫ちゃんに対する愛情もたくさん詰まってる。「淀まず 止まらず」時間に逆らわず自然に生きること。一番いい生き方だね。今度はゆっくりと読んでみたい。

  • ヤスギタちゃん@鷹党で獅子党 さん

    逃げ恥のドラマを見て、円熟味のある演技に惹かれ、歳を重ねて尚素敵な生き方をしていると感じ、気になって読んで見たエッセイである。青春時代のエピソード、子供の時の水泳で培われた心が今の女優人生に生きていること、芸能界デビューして不安と期待に押し潰されそうになった気持ちを乗り越えて更に女優人生を充実させていると感じる。二匹の猫とのエピソードはほっこりする。我が子を見る目や家族としての面、女優の中で若手の俳優さんに対して母親目線、共通の母性を感じる。人生の後輩に対して自分の目で本物を見て欲しい、というのが印象的。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

石田ゆり子に関連する商品情報

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品