ハニオ日記II 2018-2019

石田ゆり子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594087890
ISBN 10 : 4594087892
フォーマット
出版社
発行年月
2021年05月
日本
追加情報
:
415p;19

内容詳細

女優石田ゆり子が5年間に
渡って点描し続けた
日々の記録。
彼女と動物たちの「なんでもない」毎日。

「日々は続いていく。悲しみも喜びも飲み込んで。
そして今日も朝日は昇るのです」

この本で著者が伝えたかったことは、この言葉に尽きる。

「ハニオ日記」は石田ゆり子が2016年から始めたインスタグラムに投稿してきた日々の記録を全3巻にわたりまとめたものです。
ハニオというのは彼女が共に暮らす複数の猫たちの中の一匹である、茶トラの牡猫の名前です。ハニオの視点から世の中をシュールに見つめた「ハニオ日記」はハッシュタグをつけてインスタグラムの中で連載され、多くのファンの心を掴み続けています。(現在も連載中)
「ハニオ日記」というタイトルはそのハッシュタグのみならず石田ゆり子の世界観を代弁している言葉なのです。著者である石田が本書の中で描きたかったのは目に見えない「時間」というもの。

「誰にでも平等に流れていく時間というものを描く術は、日々の些細なことを正直に綴っていくしか方法がないのです。わたしが文章を書くのが好きなのは一瞬一瞬の積み重ねだけが時間を描き出す手段だと信じているからなのです(著者)」
人間ひとりと「毛だらけの彼ら」との5年間の記録は膨大な量の写真と膨大な量の正直で独特な文章で綴られています。どこから開いても楽しめる作りになっており、老若男女全ての皆さんにお勧めしたい。
「どうぞあなたの本棚に末長く置いてあげてください(著者)」


●石田ゆり子コメント

5年間の日々の記録をまとめたらびっくりするほどの量になり
自分でも驚いています。
この本のテーマは「時間」。
悲しいことも嬉しいことも全てを飲み込んで続いていく
目に見えない「時間」を捕まえたくてわたしはいつも文章を書いています。
(でも時間は絶対に捕まえられない!)
この本は
小さな小さな日々の記録の積み重ねによって形になりました。
私を取り巻く全ての人と愛おしい「毛だらけの彼ら」たちに
心からの感謝と愛をこめて。
そして
この本の印税を全て、
保護犬、保護猫たちのために使うことを決めています。
このことが、私がこの本を作る一番の動機でした。
私と彼らの日々が、保護犬、保護猫たちを少しでも支えるのであれば
こんなに幸せなことはありません。

あなたの本棚に末長く置いていただけますように。

2021年5月1日 石田ゆり子

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    今回は、U巻2018-2019です。今巻は、ハチミツ兄弟登場&ばぶおの早過ぎる死の巻でした。続いてV巻へ。トータルの感想は全三巻読了後だにゃあ(=^・・^=) https://tennenseikatsu.jp/hanio_home

  • nyaoko@やや糖質制限中 さん

    猫のスコティッシュフォールドが、立ち耳だと売り物にならないなんて…知らなかった。そんな事で!?と驚いたけど、生き物とは言え、それが商品としての価値を表しているから、あんなにあの猫は高額なのね…別に耳が垂れてようと立ってようと、いいじゃない!犬だって猫だって可愛いじゃん!って事で、新しい猫兄弟はっちとみっつを迎え入れたゆりちゃん、ますます男前だ貴方は!ますます賑やかになるハチミツ王国、ネットで、本でお邪魔させてもらって幸せです。

  • nobugとミミ&モモ(双子姉妹) さん

    ゆりこさんちにまたかぞくがふえた。はっちとみっつ。立ち耳のスコティッシュホールド。立ち耳なので売り物にならないとゆりこさんがお世話になってる動物病院に保護されてたはっちとみっつ。はっちとみっつ、お母さんができてよかったね。幸せに暮らすんだよ。(=^x^=)

  • キラ@道北民 さん

    第2巻。はちみつ兄弟、バブちゃん、小さい子たちはホント可愛い。こんなに可愛い子たちに見つめられていたら、頑張るしかない。そして、曇りのない目で見られていたら、淀ます清く生きていこうと思わずにはいられない。動物たちとの生活が今のゆり子さんに繋がってるですね。素敵です。

  • はるき さん

     動物のことを「うちの子」ということに正直違和感があったのですが、ここまで一生懸命だとそれも納得です。出会いがあって、別れがある。生き物と暮らすってそういうこと。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

石田ゆり子に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品