新商品あり

石田ゆり子 プロフィール

石田ゆり子 | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

石田 ゆり子(いしだ ゆりこ、1969年10月3日 - )は、日本の女優、エッセイスト。本名、石田 百合子(読み同じ)。愛称は、「ゆりちゃん」「いしらさん」「りり」。

東京都出身。かつてはボックスコーポレーションに所属していたが、1999年に実妹で同じく女優の石田ひかりと共に個人事務所「風鈴舎」を立ち上げ、社長兼女優として活動している。

来歴・人物

東京都立桜町高等学校、女子栄養短期大学第二部卒業。

愛知県名古屋市で誕生の後、すぐに東京で生活。その後も父親の仕事の都合で引っ越しの多い(東京都→兵庫県西宮市→神奈川県川崎市→台湾)子供時代を過ごし、5歳の時に再び東京に戻る。小学校の時に水泳(平泳ぎ)でジュニアオリンピックに出場。

高1の時に自由が丘の亀屋万年堂の前でスカウトされてモデルになる。1987年、全日空の沖縄キャンペーンガールに選ばれて、テレビCMやポスターなどに登場する。1988年11月、ドラマ「海の群星」に出演し、女優としてデビューした。同年12月、映画「悲しい色やねん」に出演した。1993年4月、連続ドラマ「彼女の嫌いな彼女」でドラマ初主演を果たした。「北の零年」で第29回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。

ペットに1匹の犬(名前は「花」)と4匹の猫(名前は「アンジェ」「メイ」「ミント」「ビスク」)を飼っている。花は2014年春に死去。

妹には「りり」と呼ばれている。本名の由来となった花(ユリ)の英名(Lily)からではなく、石田ひかり本人によると「小さい頃“ゆり”って発音出来なくて“りり”って呼んでいてそのままに」とのこと。

一般的に可憐なイメージを持たれているが、本人曰く「スポ根女」とのこと(『12人の優しい日本人』の記者会見で三谷幸喜は「会ってみるとトンチンカンな方でした」と答えている)。NHK演出家の佐藤幹夫はデビュー作のとき「雰囲気が吉永小百合と被るところがある」とテレビ番組『A-Studio』の中で評価した 。…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%