石橋凌

石橋凌 プロフィール

石橋凌 | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

石橋凌

石橋 凌(いしばし りょう、 1956年7月20日 - )は、福岡県久留米市出身の俳優、ミュージシャン、歌手である。本名、石橋 秀樹(いしばし ひでき)。福岡県立久留米高等学校卒業。血液型はAB型。アパッチ、エイベックス・マネジメント所属(業務提携)。アメリカの映画俳優組合(SAG)の会員でもあり、アメリカではゴールデン・メディア・グループが代理している。

略歴

俳優として名高いが、1980年代に熱狂的な支持を得た伝説のロックバンドARBのボーカルである。元々ボーカルを探していたバンドに1977年、オーディションで合格した石橋が加入した(ARBでの活動についてはARB (バンド) を参照。ここでは石橋凌の人物、俳優活動、ソロ活動のみ記す)。

5人兄弟の五男。兄の影響で、中学の頃からジョン・レノンやビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディランのファンであり、中学1年生のときに父が他界したことがきっかけで、高校2年生のときミュージシャン志望を決意した(父の死についてはソロシングル「カクテル・トゥナイト」に収録された「12の頃」で歌われている)。

デビュー時の所属事務所はシンコーミュージックで、事務所側はアイドルグループとして売り出そうとしていた。ピンク・レディーの前座をしたこともある。しかし、1978年10月、シングル「野良犬」でデビューするも、方向性の違いから1年足らずでシンコーミュージックから独立した。

独立したものの、レコードの売れ行きやコンサートの動員に悩んでいた20代半ば、ドラマーの相原誠とともにスポーツクラブに行ったところ、金子正次とともにいた俳優の松田優作に偶然出会う。その後、優作に自身の悩みを相談し、しばらく経った時、優作側からの誘いで、彼が監督をつとめた映画『ア・ホーマンス』に出演。それまで演劇経験がほとんどなかった石橋は優作から厳しい指導を受けて演じ切り、同作でキネマ旬報新人男優賞を受賞し、その後本格的にスクリーン進出、大河ドラマ『武田信玄』、映画『ボクの女に手を出すな』『Aサインデイズ』等に出演した(この頃はミュー…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%