老いのトリセツ

石川恭三

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309028408
ISBN 10 : 4309028403
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
212p;18

内容詳細

「認知症が心配…」「気分が晴れない…」「年だから無理…」そんなお悩み、解決します!83歳・現役医師による老い方上手の処方箋。

目次 : 第1章 老いの七味唐辛子(老いの七味唐辛子―退屈は、ワクワクする思索の場/ 老気を振り払え―チャレンジする人には福来たる ほか)/ 第2章 老いは笑って吹き飛ばせ(果報は「練って、練って、念じて」待て―認知症にならない人生/ 言葉は心の杖―「読み、書き、お喋り」の絶大な力 ほか)/ 第3章 人生の持ち時間(孤独の毒と薬―定年後の孤独との上手な付き合い方/ 物ぐさの本性―フットワークの軽さを取り戻す ほか)/ 第4章 悠々自宅の一日(老気の至り―老いの兆候は、五十歳を越すころから現れる/ 今が見ごろの私―良い面も悪い面も、その人らしさ ほか)

【著者紹介】
石川恭三 : 1936年、東京生まれ。慶應義塾大学医学部大学院修了。ジョージタウン大学留学を経て、杏林大学医学部内科学主任教授。現在は名誉教授。臨床循環器病学の権威で、専門の心臓病に限らず幅広く活躍。執筆活動も盛んで、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 神谷孝信 さん

    筆者の生きる方向性が示され、読み甲斐のある内容。4

  • えっちゃん さん

    沢山の著書がある石川先生も今流行りの「トリセツ」に乗ったのねとちょっと微笑ましく本を開きました(笑) エッセイのような内容で参考に出来ることもいっぱい。人生の先輩から教えてもらっているような優しい語り口で心地よく読ませてもらいました。車の免許も夫婦で返納されたとの事。「車がないことの最大のメリットは、車の運転で人を傷つける心配がもうないという解放感である」とおっしゃる、その柔軟な考え方を全ての高齢者に持ってもらえたらと切に願う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石川恭三

1936年、東京生まれ。慶應義塾大学医学部大学院修了。ジョージタウン大学留学を経て、杏林大学医学部内科学主任教授。現在は名誉教授。臨床循環器病学の権威で、専門の心臓病に限らず幅広く活躍。執筆括動も盛んで、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品