沈黙は猛毒、お喋りは百薬の長

石川恭三

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309025056
ISBN 10 : 4309025056
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
追加情報
:
196p;18

内容詳細

笑顔の老後に向けて、今すぐできること!老化防止の処方箋。80歳・現役医師、書き下ろし36篇。

目次 : 第1章 今、できること(お喋りのすすめ―認知症予防に必須の良薬/ コーヒーブレーク―気分一新、頭の無風状態に冷風を ほか)/ 第2章 賢老危うきに近寄らず(賢老危うきに近寄らず―自分だけの判断で、すぐに行動しない/ 年はときどき嘘をつく―体の不調を「年のせい」で片付けない ほか)/ 第3章 耳よりな話(インターン―人生の新たなステップに向かって/ 右か左か―目、耳、手足。高齢になるにつれて左右の差は顕著に ほか)/ 第4章 命の持ち時間(人を見て法を説け―「知らぬが仏」という選択肢/ 痩せ我慢―精神を強靱にし、試練を丁寧に通過する ほか)

【著者紹介】
石川恭三 : 1936年、東京生まれ。慶應義塾大学医学部大学院修了。アメリカ・ジョージタウン大学留学を経て、杏林大学内科学教授。現在は名誉教授。臨床循環器病学の権威で、専門の心臓病に限らず幅広く活躍。執筆活動も盛んで、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はる さん

    図書館の新刊本。高齢になったらよく話すと良い、そんな要旨。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石川恭三

1936年、東京生まれ。慶應義塾大学医学部大学院修了。ジョージタウン大学留学を経て、杏林大学医学部内科学主任教授。現在は名誉教授。臨床循環器病学の権威で、専門の心臓病に限らず幅広く活躍。執筆括動も盛んで、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品