心に残る患者の話 集英社文庫

石川恭三

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087471786
ISBN 10 : 4087471780
フォーマット
出版社
発行年月
2000年03月
日本
追加情報
:
16cm,247p

内容詳細

医者になって以来、多くの患者たちと出会い、そして別れてきた著者の、生と死への思いの数々。一家心中を試み、自分だけ助かった男性が数十年後に死の床で味わう感情。出産直後に重篤な心臓病に襲われた母親。睡眠薬を出し忘れたせいで夜の火事に気付き、焼死を免れた患者。命のメッセージを滋味あふれる文章で綴る。

目次 : 夜明けの内科病棟/ 笑顔の源/ 故郷は老いの宿り木/ あの医者さえいなかったら/ 火事/ 突然死/ 姉の死/ 満月の夜/ 噂話/ パニック・ディスオーダー(恐慌性障害)〔ほか〕

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちゃびたん さん

    ★★★☆☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石川恭三

1936年、東京生まれ。慶應義塾大学医学部大学院修了。ジョージタウン大学留学を経て、杏林大学医学部内科学主任教授。現在は名誉教授。臨床循環器病学の権威で、専門の心臓病に限らず幅広く活躍。執筆括動も盛んで、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品