医者が見つめた老いを生きるということ 集英社文庫

石川恭三

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087476415
ISBN 10 : 4087476413
フォーマット
出版社
発行年月
2003年11月
日本
追加情報
:
16cm,222p

内容詳細

人は生まれた時から老い始め、命には必ず限りがある。臨床医としてその厳粛な事実を思い知らされてきた著者だからこそ、「強く感じることは、これから先のことをあれこれ思い煩うより、今を精一杯生きることを最優先させなくてはならない」(おわりに)という言葉は重い。怖れてはいけない。老いとはあなたが選びとるもの。人生と和解し、実り多い成熟の時を、より豊かに生き抜くためのカルテ。

目次 : 人生の夕映えを掛け替えのない人と―死の手前から再出発を誓った二人/ 米寿の祝いのショパン―八十二歳のリハビリを支えた夫への愛/ 老けた六十二歳、若々しい九十八歳―不幸のどん詰まりで出会った善意/ 穏やかな死の理由―信仰によって人生の精算をした旅立ち/ 天国は地獄の門前にある―人に施した真心は苦難のときに返ってくる/ 婚家の職業差別を耐えぬいて―嫁であること、母であることが許されない人生/ 憎悪が愛しさに変わるとき―弱さをさらけだしたとき夫婦の絆は強まる/ こんなふうに死にたかった―愛する人たちに囲まれた死の準備/ 「お前百まで、わしゃ九十九まで」―死ぬ日を考えながら生きる晩年/ 男にとって定年とは―人生の“終わり”から眺める持ち時間/ 老後は賑やかに暮らしたい!―娘たちと丁々発止の渡り合いで脳を活性化/ 人生の栄華の果てに―たとえ背負いきれない災厄が降りかかっても

【著者紹介】
石川恭三 : 1936年東京生。慶応義塾大学医学部大学院修了後、アメリカのジョージタウン大学留学。杏林大学医学部内科学教授を経て同大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 60代でも思春期 さん

    医者がみてきた多くの患者の人生劇場。憎悪に縛られた実りの少ない人生もあれば、目標、やりがいに向かって邁進する若者のような生き方もある。元気で長生きする秘訣はユーモアのセンスとやるべき仕事があるという自覚を持つことだという。 著者ならではの医者の経験と洞察が紡ぐエッセイ集。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石川恭三

1936年、東京生まれ。慶應義塾大学医学部大学院修了。ジョージタウン大学留学を経て、杏林大学医学部内科学主任教授。現在は名誉教授。臨床循環器病学の権威で、専門の心臓病に限らず幅広く活躍。執筆括動も盛んで、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品