いい老い加減

石川恭三

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309027005
ISBN 10 : 4309027008
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
追加情報
:
224p;18

内容詳細

喋って、動いて、考えて、よく寝て、よく食べ、よく笑え。実りある老後の処方箋32篇。

目次 : 第1章 自立心を忘れない人は老い方上手(いい老い加減―内心はどうあろうとも、とにかく明るく振舞う/ エイジング・パラドックス―高齢者が幸福感を維持するための三つの方策 ほか)/ 第2章 沈黙は猛毒、お喋りは百薬の長(喋って、動いて、考えて、よく寝て、よく食べ、よく笑え―沈黙は猛毒、お喋りは百薬の長/ 老いの3K「金・健康・孤独」―働くことが生活にメリハリをつけ、認知機能を高める ほか)/ 第3章 礼儀正しさは、高齢者の正装(人は見かけではわからない―人間に対する洞察力に磨きをかける/ 知らぬが地獄―体力、認知機能に関して過大評価してはならない ほか)/ 第4章 老いの道を「同行大勢」で歩む(老いのかくれんぼ―老いに隠れていた若さが甦るとき/ まだ、使い切っていないものがある―読書は、思考力と創造力を養う強力なサプリメント ほか)

【著者紹介】
石川恭三 : 1936年、東京生まれ。慶應義塾大学医学部大学院修了。ジョージタウン大学留学を経て、杏林大学医学部内科学主任教授。現在は名誉教授。臨床循環器病学の権威で、専門の心臓病に限らず幅広く活躍。執筆活動も盛んで、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石川恭三

1936年、東京生まれ。慶應義塾大学医学部大学院修了。ジョージタウン大学留学を経て、杏林大学医学部内科学主任教授。現在は名誉教授。臨床循環器病学の権威で、専門の心臓病に限らず幅広く活躍。執筆括動も盛んで、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品