BLUE GIANT SUPREME 9 ビッグ コミックス スペシャル

石塚真一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784098604999
ISBN 10 : 409860499X
フォーマット
出版社
発売日
2019年10月30日
日本
追加情報
:
208p;18

内容詳細

大、初のアルバムが欧州を席巻してゆく…!
ヨーロッパを回りライブを続ける
カルテット「NUMBER FIVE」に
アルバム制作のオファーが届く。
送り込まれたレコーディングエンジニアは
大達の激しく特別な音に驚き、
最大限に魅力を活かす録音をしようと…!?
リリースされた初アルバムは、
ライバルであるアーネストのアルバムと 競り合いながら
欧州ジャズ界に強く大きく響いてーーー!?

[編集者からのおすすめ情報]
ブルーノート・レコード社長ドン・ウォズ氏と、
著者・石塚真一氏のスペシャル対談を、
ノーカット版で特別収録!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hiro さん

    各巻のBONUS TRACKのおかげで、最初から大がBIGになることは感じていたが、ヨーロッパ各地を回るライブの旅も終わり、CDデビューも果たして、NUMBER FIVEの名前も徐々に知れ渡るようになってきた。『BLUE GIANT』も10巻で終わり『BLUE GIANT SUPREME』に変わったように、次の10巻では、大とNUMBER FIVEは大きな転機を迎えるのだろうか。今から次巻が楽しみだ。石塚真一さんと並んで今回著者の欄に初めてでてきたNUMBER8てどういう方(or方々)なのだろうか。

  • コットン さん

    今回もライブシーンから音がほとばしっている感が凄い!。レコーディングエンジニアが学生の頃の回想シーンで先輩エンジニアが「いいかい?レコーディングは現場だ。現場でGoodなら客には何も届かない。FantasticなUnbelivableはレコーディングが出来た時やっとGoodなモノがアルバムで客の耳に届くんだ。そんな音を録るために全てを捧げるのがレコーディングだ。」と。そして残り2時間で考えたレコーディングエンジニアの決断がDAI達の運命も決めていくと言っても良い!

  • 柏バカ一代 さん

    相変わらず絵なのに、音が聴こえてくる素晴らしい画力。 ついにCDデビュー。その収録が全曲通しで収録とか凄い。 CDの影響って凄いんだな・・今まで関わっていた人達が買って、それに影響された人がまた買うってのが素晴らしい。 ライブツアーも終わって、最初のライブで失敗した処でリベンジライブして。 これからどうするのか、それを決める前にロックフェス殴り込む。 最後の収録した人の話も良い、人生の転機か・・味ってみたいな、、良いやつならw

  • Tenouji さん

    恐らく、真剣さ、辛辣さ、といったパワーが必要なんだと感じる。楽観主義の次には、そのフェーズなんだろうな。

  • すぱちゃん さん

    大たちnumber fiveの音がレコーディングされ、ヨーロッパを駆け巡る。レコーディングは一曲目からラスト迄、一発録り!日本からも懐かしい人がCDの発売権欲しさに、ヨーロッパへ。しかし今までツアーを支えてくれていたガブは去り。新たなステージの大きなロックフェスへ突き進む大たち。この作品も新たなステージを目指すのか? 因みに一発録りのレコーディングシーンに涙しました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

石塚真一に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品