沖縄の旅・アブチラガマと轟の壕 国内が戦場になったとき 集英社新書

石原昌家

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087200362
ISBN 10 : 4087200361
フォーマット
出版社
発行年月
2000年06月
日本
追加情報
:
18cm,222p

内容詳細

沖縄本島南部、ガマと呼ばれる自然洞窟は、かつて軍と住民が米軍の攻撃を逃れるために使用した避難壕だった。25年の歳月をかけて明らかにする「壕の闇の真実」は何か。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 澤水月 さん

    切った四肢を食べさせろとひめゆり隊員に迫る傷病兵。轟では友軍による幼児虐殺… 証言で沖縄戦の「どこ」が特異で悲惨なのかよくわかる、日本軍と島民のあり方。現地見学する前に資料として読み実際に中を見ると暗黒、湿度、足場の悪さなども実感。現在はガイド説明必須で見られるので可能なら現地を訪れ生の声を聞くことお勧め。調べると本書の芯の研究聞き取りなどは宗教団体青年部の学生らがしており、その団体と関連する政党がいま与党とはどう考えたらいいのか。恐らく採用されなかった証言、体験もあるだろう…知ろうとし続けたい

  • sasha さん

    沖縄戦関連の作品を読むたびにいたたまれなくなる。本書は25年に渡り、体験者の証言と調査の末に書かれた「あの時、ガマで何が起きていたか」の貴重な記録である。沖縄戦前から日本政府は沖縄を捨て石として考えていた資料が存在したことの証言もあり、改めて日本が犯した過ちの大きさを思い知らされた。軍民が混在した避難壕から早期の脱出が認められていたのなら、もっと多くの人が命を落とさずに済んだかもしれないと思うとやり切れぬ。沖縄に行かねばなるまい。そこで起きたことを知った上で、沖縄に行かねば。

  • tecchan さん

    沖縄戦でガマ(洞窟)で何が起こったのか。著者は奇跡的に生き残った住民の証言をもとに、アブチラガマと轟の壕を再現する。いわゆる国を守る為には、たとえ婦女子であろうと犠牲はやむを得ないとする軍隊の論理。軍隊は戦争においては住民を守らないという我が国の歴史を忘れてはならない。

  • くにお さん

    慰霊の日を前に沖縄戦関連読書。激戦地だった南部の玉城村・糸数壕(アブチラガマ)と糸満・轟の壕をめぐる体験者の証言集。2つのガマでも戦闘中の生々しい実態が様々な立場の民間人の言葉で語られる。同じガマでも軍官民一体となり住民も参加して管理されたアブチラガマと違い、日本軍に支配され軍人による住民幼児殺害事件まであった轟の壕は対照的。米軍に救出された住民が「残った日本軍どうしますか」と聞かれ「クルセ−!」と叫んだ、という話は印象的。アブチラガマでは8月になるまで人々が出てこなかったという事実もショックだった。

  • Mary さん

    沖縄戦で、住民と日本兵が避難、共同生活をしていた自然洞窟について。一年半ぶり再読。戦地になるということ、戦前からの沖縄の地位…感情論は抜きに、現実にあったこととして学ぶことはある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石原昌家

1941年生まれ、沖縄県那覇市首里出身。1962年4月入学の大阪外国語大学西語科を経て、1970年3月大阪市立大学大学院文学研究科(社会学専攻)修士課程修了。1970年4月、講師採用された国際大学を経て、72年4月沖縄国際大学講師。82年沖縄国際大学教授。現在、沖縄国際大学名誉教授。全戦没者刻銘碑「

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品