女帝小池百合子

石井妙子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163912301
ISBN 10 : 4163912304
フォーマット
出版社
発行年月
2020年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
444p;19

内容詳細

コロナに脅かされる首都・東京の命運を担う政治家・小池百合子。
女性初の都知事であり、次の総理候補との呼び声も高い。

しかし、われわれは、彼女のことをどれだけ知っているのだろうか。

「芦屋令嬢」育ち、謎多きカイロ時代、キャスターから政治の道へーー
常に「風」を巻き起こしながら、権力の頂点を目指す彼女。
今まで明かされることのなかったその数奇な半生を、
三年半の歳月を費やした綿密な取材のもと描き切る。

〔目次より〕
序章 平成の華
第一章 「芦屋令嬢」
第二章 カイロ大学への留学
第三章 虚飾の階段
第四章 政界のチアリーダー
第五章 大臣の椅子
第六章 復讐
第七章 イカロスの翼
終章 小池百合子という深淵

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
エジプト人が言ったという、「辿々しい日本...

投稿日:2021/04/12 (月)

エジプト人が言ったという、「辿々しい日本語のエジプト人が東大を4年でしかも首席で卒業したと聞いたら信じますか?」これが一番しっくりきた。もう今さら卒業してないとは言えないだろうが、辞めた国会議員や未だに表舞台に戻れないヘラッチョを思うと不公平だなぁ。

マスター さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
おそらく日本で最も有名な政治家の一人であ...

投稿日:2021/03/21 (日)

おそらく日本で最も有名な政治家の一人である小池百合子の生い立ちから都知事就任、現在進行形で醜態をさらしているコロナ禍での対応までの動きを追った1冊。小池勇二郎という小池百合子そっくりのメンタリティと行動力をもつ父親の存在、あの世界最古の大学をわずか4年で卒業したという話に関する当時のルームメイトの証言。日本新党で政界に進出した後、次々とついていく先を変えながら、ついに大臣まで上り詰める手練手管。その大臣時代に暴走した結果、第1次政権崩壊の一因ともなったことから、安倍晋三との微妙な関係に政敵だったり共闘したりと二階との絶妙な関係もこの本を読んでよく分かった。さらに彼女の周辺にいるよく分からない人物の存在にも触れており、小池百合子という人物を知るのに必読の一冊。

DJもちお さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 三代目 びあだいまおう さん

    衝撃的で読み応えが止まぬ物凄い問題作!半端な心臓じゃない。はったりと虚飾を上手く操り上り詰めた器用さと度胸には、呆れるより先に感服させられる程だ!清々しいほど恐ろしい処世術、己の目的を遂げるための圧倒的な行動力と言動策に恐れ入る(誉めてない!)父親譲りの『悪意なき詐欺まがい』で世間を男を権力利用していく姿に嫌悪を越えて天晴れと思わされる(決して誉めてない!)虚飾を駆使した女性の成り上がり批判を同性のノンフィクション作家が暴く。巻末の主要参考文献資料の圧倒量、発売タイミングに著者の渾身の本気を感じる‼️🙇

  • 青乃108号 さん

    大変な労力を払い、勇気を持ってこの様な本を出版した著者には多大な敬意を表したい。ただし、読み切るにはかなりの忍耐力を要する本である。小池百合子という「女帝」の虚飾まみれの経歴が、幼少期から2020年までの長期に渡り綿密な取材と膨大な資料に基づき語られているのだが、政治的信念もなく只、自分がスポットライトを浴びる事にのみ腐心してきた彼女の経歴が延々と語られる為、半ばで嫌気がさし投げ出したくなる。発端になるのはカイロ大学を首席で卒業した、と言う大嘘。首席どころか卒業すらしていないと言う事実は間違いないと確信。

  • fwhd8325 さん

    ここに書かれているシーンは、報道で目にしたり、耳にしたりしているだけに生々しい。ただ、リアルタイムで得たときの感想とは異なります。そして、それはとても怖い。事実は小説よりも奇なりと言いますが、まさしくその言葉がぴったりと当てはまるようです。本当に怖い。真っ先に頭に浮かんだのが木嶋佳苗。この二人、本質は同じところにあるように思いました。早川さんが感じている恐怖がひしひしと伝わってきます。何も起きなければいいけれど、それを願うばかりです。

  • 遥かなる想い さん

    第52回(2021年)大宅壮一ノンフィクション賞。 小池百合子という毀誉褒貶の多い女性政治家を 追った書物である。「上昇志向の塊」だった という生き様が 凄まじい。 真偽はともかく、小池百合子の青春の日々からの生き様が描かれる… 凄まじいまでの上昇志向と 野心の数々は ある意味 彼女らしい … そんな印象の小池百合子の物語だった。

  • ひこうき雲 さん

    「機を見るに敏」彼女について語る人がよく使う言葉だが、それはタレントや政治家、いや私達にとって悪なのか。この本に書かれていることが、本当にそうなのかどうかは、誰にもわからない。学歴詐称疑惑について、実に多くの頁をさいているが、信じるか信じないかは自分次第。真実かどうか判断するのは自分。本質的な事はただ一つ「しっかり仕事して下さい」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品