マンガ日本の歴史 6 中公文庫

石ノ森章太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784122028456
ISBN 10 : 4122028450
フォーマット
出版社
発行年月
1997年04月
日本
追加情報
:
16cm,212p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    この巻では、ポイントを絞って白村江の戦いや壬申の大乱などから奈良時代までをうまくまとめていられます。天智天皇、天武天皇、持統天皇などこの時代の天皇が当時としては一番安定していたということなのでしょう。それにしても現在に比べると、むかしの方が男女平等だったのでしょう。この巻を含め前の巻まで女性の天皇が何人も出ているのですから。このようなことを考えると現在の日本というのは海外と比較しても男女平等からするとかなり遅れているのでしょう。女性の天皇が出てもいいと思われます。

  • Vakira さん

    日本・百済連合は唐・新羅連合に敗れる。日本も唐に支配されることを恐れる。 6巻は中大兄皇子(天智天皇)から持統天皇、文武天皇の話。天皇の跡継ぎ争いが主なストーリー。和同開珎って貨幣が初めて登場。平城京710年。稲作が良くできる河に囲まれた盆地が魅力で奈良を都としたか。

  • takeapple さん

    奈良に行こうと思うので、奈良時代のあたりの歴史の本を読んでいる。持統女帝と天武天皇の仲の良さや会話はあんなもんだったのだろうか?もちろん使っている言葉は当時の言葉なんだろうけれど。だとしたらある意味良い時代だったと思う。その後も、女性の力が認められていれば、男にとっても生きやすかったと思うのだけれど・・・・ただ、親子関係や兄弟関係や夫婦関係が今と違って大変複雑だなあ、一般庶民はどうだったんだろう。

  • ROOM 237 さん

    系図が複雑でメモを取りwikiりながら読み進める。壬申の乱では叔父と甥がやり合い、奥さんが何人もいて後継者争いは絶えず、15歳で不良と呼ばれず天皇に即位したり早死リスク満載( •ө• )そしてガールズパワー炸裂の推し天皇、斉明天皇に続き女性天皇が何人も。現代では議論の対象だもんね。ラストでは古事記に次ぎ日本書紀や貨幣が普及し始めた奈良時代へ。巻末イラストに貴族が被っていた漆紗冠(袋状の布を用い油で塗り固めた帽子)の解説があり、スーパーの袋と麻紐で真似るも何か違う、揚げねば。石ノ森式に揚げねば。↓

  • 更紗蝦 さん

    持統天皇を描いた漫画というと里中満智子の『天上の虹』もありますが、『天上の虹』では讃良の「為政者としての孤独」や「女としての苦しみ」が綿密に描かれているのに対し、『マンガ日本の歴史』では「夫婦ふたりで律令制を築いた」ということが強調されており、夫婦の仲むつまじさが印象的です。(テーマ違うので両作品に違いが出るのは当たり前ですが。)石ノ森章太郎の描く讃良が、「私はあなたを独占したい」「私は嫉妬深い女」と言いながらも優しげな風貌なのは、やはり作者の「男性としての願望」が少なからず影響しているのでしょうか…?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石ノ森章太郎

本名:小野寺章太郎。1938年1月25日、宮城県登米郡(現・登米市)生まれ。1954年、高校在学中に『二級天使』でデビュー。高校卒業と同時に上京し、漫画家生活に入る。代表作に『サイボーグ009』『仮面ライダー』『佐武と市捕物控』『マンガ日本の歴史』などがある。1998年死去(本データはこの書籍が刊行

プロフィール詳細へ

石ノ森章太郎に関連するトピックス

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品