サイボーグ009 22 秋田文庫

石ノ森章太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784253172073
ISBN 10 : 4253172075
フォーマット
出版社
発行年月
2002年08月
日本
追加情報
:
15cm,299p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Die-Go さん

    映画化記念に久し振りに再読。雪割草交響曲編、ベビー・ポピンズ編、動物園にて編、走れ!にいちゃん編、高い城の男編、サイボーグ戦士編、裸足のザンジバル編、緊急シュミレーション1992編、イラストセレクション収録。これらが様々な雑誌で掲載されていたことからも、石ノ森章太郎氏の幅広さが窺える。特筆すべきは緊急〜編か。サンケイ新聞に掲載されていて、世界の動向をサイボーグ戦士達が考察している。〆の言葉「・・・世界に平和を。」がこの物語の真の願いであることは間違いがない。★★★★☆

  • 夜兎 さん

    短編集。全体的に好きな巻。『サイボーグ戦士編』は『惑星編』と繋がっているのか…?他の話でも惑星の代表者同士で対決するのがあったような…。Gガンダム?『雪割草交響曲編』と『緊急シュミレーション1992編』が好み。

  • 原付野郎 さん

    日常系の話や番外編っぽい話を集めた巻。009じゃなくても成立する話が多いけど、そういう話をやれる懐の深さがこの作品にはあるってことなのだろう。印象に残ったのは「緊急シュミレーション1992編」。石ノ森先生が描いた最後の009だそうで、1992年の国際情勢を009たちが予測しあうという番外編みたいな話。「世界に平和を」で〆るところが最終回っぽいと感じた。

  • たお さん

    小品集。彼らが背負う『運命』を読者が解っていないと読み辛いかも。ひとつひとつが染み入る作品。叙情的で散文的

  • 葉山 さん

    ザンジバル編は面白かったんだけど、すごく長かったなぁ…。途中で「これ009読んでるんだよね…」って少し不安になりながら…。高い城の男編で、急に絵柄が可愛らしく、レトロな感じになってびっくりした。最初のアニメで採用された007が子供の姿というのはコイツか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石ノ森章太郎

本名:小野寺章太郎。1938年1月25日、宮城県登米郡(現・登米市)生まれ。1954年、高校在学中に『二級天使』でデビュー。高校卒業と同時に上京し、漫画家生活に入る。代表作に『サイボーグ009』『仮面ライダー』『佐武と市捕物控』『マンガ日本の歴史』などがある。1998年死去(本データはこの書籍が刊行

プロフィール詳細へ

石ノ森章太郎に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品