ムゲンのi 下

知念実希人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784575242096
ISBN 10 : 4575242098
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
追加情報
:
364p;19

内容詳細

眠りから醒めない四人の患者、猟奇的連続殺人、少年Xの正体。すべては繋がり、世界は一変する。一気読み必至、感動の結末。

【著者紹介】
知念実希人 : 1978年生まれ。東京慈恵会医科大学卒業後、内科医に。2011年、ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞し、『誰がための刃 レゾンデートル』(『レゾンデートル』に改題して19年に文庫化)でデビュー。18年に『崩れる脳を抱きしめて』、19年に『ひとつむぎの手』が続けて本屋大賞ベスト10入りを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さっとん さん

    いや〜面白かったです! 前半のファンタジーな世界観に対して後半はハラハラドキドキの緊張感とスピード感があり、700ページ超えの大作ですが飽きることなく楽しめます。 特に終盤の展開は驚愕でめちゃくちゃ引きこまれました! また単行本や文庫が出たら再読したいと思います。

  • さっこ さん

    下巻は、愛衣が幼少期に遭遇した少年Xによる無差別殺人事件そして現在の連続殺人事件がどう関わっていくのか。四人目のイレス患者は誰なのか。謎が一つずつ解き明かされるというより、一つの謎が解けてどんどん世界が変わっていきます。「あーそうだったのかぁ!」と単純にびっくり!少年Xについては何となく想像ついたけど、いろんなことがビックリでした。最後は暖かいんだけどでも切なかったです。すべてを受け入れて前へ踏み出す愛衣を応援します。

  • よっしー さん

    知念実希人さん「ムゲンのi 下巻」読了。無限の世界を通してイレスの治療を進める愛衣。ユタとしての能力と共に自身も精神的に回復していく。23年前の事件を直視出来るようになった時、全ての真相が明らかに。。一気読みでした。愛衣の受けた恐怖、憎しみの果てに、自分を守ってきた家族の愛情に気づき、勇気付けられる素敵な物語でした。いつものミステリーではなく、ほぼファンタジーで戸惑う方もいるかもしれません。ただ知念先生の愛猫ハリーに捧ぐ愛情が溢れた作品。自分の周りにある愛を力に頑張ろうと思えました。オススメ♪

  • えみ さん

    深い慈愛に抱かれ救われた魂は、もう二度と哀しみには負けない。全てが救済されて幸せを噛み締めながら本を閉じたその瞬間に、空気が震えるほど息を引いてしゃくりあげてた。こんなにも美しい夢を、こんなにも愛に満ちた小説を手に取ることができてよかったと心から思う。幻想的な世界観でありながら、ミステリー色が濃くなる下巻。眠りから醒めない奇病を発症した患者の記憶から徐々に明らかになっていく猟奇的殺人者・少年Xの存在と真実。夢と現実が織り交ざる中で、トラウマに囚われ続けていた愛衣が辿り着いたムゲンにきっと読者も救済される。

  • サクラ さん

    上巻よりも断然引き込まれました。ミステリー要素が強くなりドキドキしながら読み進めると、え?そうだったの!!やられた〜となります。 後半は壮大なSF映画を見ているようで、美しいムゲンの世界に圧倒されました。 面白かった〜

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

知念実希人

1978年、沖縄県生まれ。東京慈恵会医科大学卒、日本内科学会認定医。2011年、第4回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を『レゾン・デートル』で受賞。12年、同作を改題、『誰がための刃』で作家デビュー(19年『レゾンデートル』として文庫化)。「天久鷹央」シリーズが人気を博し、15年『仮面病

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品