朝日新聞社機が撮った中央線の街と駅 【1960〜80年代】

矢嶋秀一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784802130615
ISBN 10 : 4802130619
フォーマット
発行年月
2017年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
127p;26

内容詳細

◆誰にとっても懐かしい、あの駅前風景を空から楽しめます!
◆空撮だけでなく、地上の駅前写真、列車写真も盛りだくさん!
◆駅と周辺の歴史と地名、主要な建物についても詳しく解説!

32駅すべて掲載!
東京、神田、御茶ノ水、水道橋、飯田橋、市ケ谷、四ツ谷、信濃町、千駄ケ谷、代々木、新宿、大久保、東中野、中野、高円寺、阿佐ケ谷、荻窪、西荻窪、吉祥寺、三鷹、武蔵境、東小金井、武蔵小金井、国分寺、西国分寺、国立、立川、日野、豊田、八王子、西八王子、高尾

著者紹介
矢嶋修一
1948(昭和23)年、長野県松本市生まれ。上智大学在学中からフリーライターとして「週刊ポスト」(小学館)の取材・執筆にあたる。同誌記者として15年間活動の後に独立。編集プロダクション経営の傍ら、講談社の「週刊分冊百科」を中心に執筆多数。著書に『西武新宿線 街と駅の1世紀』『西武池袋線 街と駅の1世紀』『東武東上線 街と駅の1世紀』(以上、彩流社)、『京急電鉄各駅停車』(洋泉社)等。

【著者紹介】
矢嶋秀一 : 1948(昭和23)年、長野県松本市生まれ。上智大学在学中からフリーライターとして「週刊ポスト」(小学館)の取材・執筆にあたる。同誌記者として15年間活動の後に独立。編集プロダクション経営の傍ら、講談社の「週刊分冊百科」を中心に執筆多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kaz さん

    タイトルどおり、中央線沿線のかつての風景。昔の看板に表示されている、今は無い会社名や商品名を見つけるのは、楽しい。1964年の新宿は、まだ淀橋浄水場が残っており、かなりだだっ広い印象を与える。かつての風景とほぼ同じ地点から撮った現在の写真があれば、さらに比べる楽しみがあったと思うが、この点は残念。

  • 栗林康弘 さん

    インポート

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

矢嶋秀一

1948(昭和23)年、長野県松本市生まれ。上智大学在学中からフリーライターとして「週刊ポスト」(小学館)の取材・執筆にあたる。同誌記者として15年間活動の後に独立。編集プロダクション経営の傍ら、講談社の「週刊分冊百科」を中心に執筆多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品