九龍ジェネリックロマンス 2 ヤングジャンプコミックス

眉月じゅん

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088915326
ISBN 10 : 4088915321
フォーマット
出版社
発売日
2020年07月17日
日本
追加情報
:
178p;19

内容詳細

私、この人のことが好きだ。にし陽の当たる部屋で自覚した鯨井は、はたらく先輩・工藤に懐かしさと恋しさを感じる。秘めた想いは、密かな願いと成って、衝撃の事実を連れて来る。艶やかな筆致で綴る理想的なラヴロマンスを貴方に――。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • にぃと さん

    前巻の衝撃な引きからの今巻、今の自分と写真の自分の手がかりを探し求めるという大筋を示しつつ、もう1本の柱である大人の恋愛模様と駆け引きには胸キュンさせられる。要所要所で登場する食べ物が美味しそうで印象的。食ってる姿が魅力的だ。 後半に登場した謎の変態整形外科医のキャラが変態すぎて一読者としてはドン引き。まあ面白いキャラではあるしこれが今後の展開にどう影響するのか楽しみにしたい。

  • なぷ さん

    コピーとして創られた者が九龍に残り、オリジナルが住む世界がジェネリックテラ…?同じようで、同じではないジェネリックな自分。その恋心はどこから来たのか考えると…切ない…。

  • yutanpo さん

    役者揃ったのかな。しかし全然展開が読めない。続きが楽しみ。

  • ネタバレ:寝落ち避けがたし さん

    蛇沼、行動が生理的に怖すぎでしょ。玲子と工藤の距離感好き

  • レオ さん

    前巻から引き続き雰囲気がいいし、食べてる食べ物が美味しそう。それを食べる登場人物たちもいい食べっぷりをしているから尚更。過去の記憶が無いのか、または違う自分なのか分からないまま、情報を集めながら進んだ今巻もいい所で終わった……

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品