マンガ モンテッソーリの幼児教育 ママ、ひとりでするのを手伝ってね!

相良敦子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309248684
ISBN 10 : 4309248683
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
141p;21

内容詳細

将棋棋士・藤井聡太七段の受けた幼児教育として大注目のモンテッソーリ教育。その第一人者によるベストセラー本の待望のマンガ化。楽しいストーリー展開で、子育てのポイントが分かり、すぐに役立つ!

将棋の藤井聡太七段が受けた幼児教育として大注目!
モンテッソーリ教育のロングセラー本、待望のマンガ化!

創始者であるマリア・モンテッソーリが発見したのは、
小さい子どもが生まれたときから、「自分ひとりでできるように、手伝ってください!」
と願っているということ。
モンテッソーリの発見した子どもの見方や考え方を知ると、子どものすこやかな成長をたすけるのが上手になります。

本書はそのエッセンスが詰まった、日本のモンテッソーリ教育の第一人者・相良敦子の名著をマンガにしました。
楽しくて心打つ、子育てストーリーマンガ。お母さん、お父さんはもちろん、幼児教育関係者すべてに役立つ、子育て入門書です。

【内容】
Chapter1「する!」「自分で!」
Chapter2 子どもがわかる「敏感期」
Capter3 子どもの「知性」が働くとき
Chapter 4 子どもを成長させる「活動のサイクル」
Capter5 子どもの自立をたすける環境

【著者紹介】
相良敦子 : 1937・10〜2017・6。日本のモンテッソーリ教育の第一人者。九州大学大学院教育学研究科博士課程修了。滋賀大学教育学部教授、清泉女学院大学教授、エリザベト音楽大学教授、長崎純心大学大学院教授などを歴任。日本モンテッソーリ協会(学会)常任理事、東京国際モンテッソーリ教師養成センターなどの講師として講義を担当した。1960年代、フランスで、モンテッソーリ教育を原理とした教育方法であるEnseignement Personnalis´e et Communautaireを学ぶ

あべようこ : モンテッソーリ教師/教育コンサルタント/保育士。上智大学文学部教育学科卒。国際モンテッソーリ協会(AMI)公認(0‐3歳)国際教師資格取得(アメリカ・サンディエゴ及び大阪コース)、日本モンテッソーリ協会公認(3‐6歳)教師資格取得(東京コース)。モンテッソーリ教育のポータルサイト「イデー・モンテッソーリ」を運営し、これまでに国内外のモンテッソーリ教育関係者や園の取材を数多く行う。また、モンテッソーリ教育を広めるため、インターネット上でもモンテッソーリ教育をわかりやすく解説したマンガを発表するなどの活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • MA さん

    気になっていたモンテッソーリの入門本。モンテッソーリを取り入れたからといって、すぐにマンガのようにうまくいくわけじゃないと思うけど、知ってると知らないじゃ大違いなのだろう。立地的にも金銭的にも、モンテッソーリ教育の教室等に通うのは難しいけど、家庭で取り入れられることはやっていきたい。原作もやっぱり読もうかな…

  • モケリン さん

    この本を読んで、子どもには無理と最初から決めつけて、色んなことに対して勝手に手を出してしまうことが多かったことを反省しました。子どもは自分でしたがっているもの。やり方が分からないのならば、まずはやってみせればいい。マンガなので分かりやすいし、オススメ本です!! ブログにも書きました→https://mokerin.com/jiritu20181215/

  • rie さん

    モンテッソーリ教育について入門の入門といったところ。マンガ中心なので、読書の苦手な方でも入りやすい。私自身、「イヤイヤ期」という言葉が嫌いというか…違和感を覚えていたので、本書で「イヤイヤ期ではなく敏感期」という表現はしっくりくるものがありました。これをきっかけにもう少しモンテッソーリ教育について知りたいなと思いました。

  • 来永 さん

    漫画なので読みやすく、なるほどなぁと勉強になりました!早速できるとこからやってみよう!

  • Aiko Handa さん

    子育てって目前の今の手間を取るか、将来の手間を取るかという選択の連続だとつくづく思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品