相田みつを 肩書きのない人生

相田みつを

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579501939
ISBN 10 : 4579501934
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
86p;21X21

内容詳細

『にんげんだもの』から30年。肩書きのない人生を選んだ相田みつをの生き方。

【著者紹介】
相田一人 : 相田みつを美術館館長。1955年栃木県足利市生まれ。相田みつをの長男。出版社勤務を経て、1996年、東京銀座に相田みつを美術館を開館。2003年、東京国際フォーラムに移転(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぱんにゃー さん

    ・なぜこういう文字なのか、・相田みつをの名刺は、・同じ作品の年代別”私”と”わたし”(漢字とひらがな)、などなど、父みつをの秘密を相田一人館長が解説してくれています。(注意:例えるなら最新の攻略本です!この本自体 [ネタバレ機能on] /中途半端に期待を持たせた感想でごめんなさい)(コ)

  • ASnowyHeron さん

    解説にはいろいろなことが書かれているが、ただ見たままを感じていけばいいかな、と思える。

  • 片腕の雨巫女。 さん

    《私ー図書館》相田みつをさんの書が、大好きです。年を重ねて、作品も進化するのが、素敵。もっと作品を見たかった。

  • けほんこ さん

    読みました 前に勤めた会社の 別部署の上司が かなり芸術に造詣が深いかたで 何かと話をするときに その画家が どんな人生を送り どんな経験を経て その作品にたどり着いたかを 知った方が良いと教えて くれました 僕は正直芸術作品って 好きではなく それを見透かされての 話だったのですが 言葉やら活字は大好きで 相田みつをさんも 勿論好きでした ただ 本書で読んで 背景を知る努力をせずに 表面だけでまたものごとを 見てしまっていたなっと 強く反省しました

  • うりぼう さん

    「にんげんだもの」から30年。相田みつをの生き方を浮かび上がらせる。本書を読んで、なによりも作品を素直な気持ちで鑑賞すること、自分の心で感じることが大切だと思いました。そして、その筆つかい、書体、間を含めて相田みつをさんの息吹きを感じました。表現、作品の全体像から発せられるエネルギーに刺激されました。長男一人さんは、父親の一番の理解者とても解り易い解説です。生きていく上に大切なことを教わりました。「アノネ・・」という言葉を最初に付けると、聞く人の心の中にスッと入っていける。。これだ! と思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品