medium 霊媒探偵城塚翡翠

相沢沙呼

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065170946
ISBN 10 : 406517094X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
追加情報
:
384p;20

内容詳細

「死者の提示する謎を、先生が解き明かしてくださいーー」

推理作家として難事件を解決してきた香月史郎【こうげつしろう】は、心に傷を負った女性、城塚翡翠【じょうづかひすい】と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた――。

著:相沢 沙呼(アイザワ サコ)
【相沢沙呼(あいざわ・さこ)】
1983年埼玉県生まれ。2009年『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。2011年「原始人ランナウェイ」が第64回日本推理作家協会賞(短編部門)候補作、2018年『マツリカ・マトリョシカ』が第18回本格ミステリ大賞の候補作となる。繊細な筆致で、登場人物たちの心情を描き、ミステリ、青春小説、ライトノベルなど、ジャンルをまたいだ活躍を見せている。『小説の神様』(講談社タイガ)は、読書家たちの心を震わせる青春小説として絶大な支持を受け、実写映画化が発表された。

【著者紹介】
相沢沙呼 : 1983年埼玉県生まれ。2009年『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • W-G さん

    このミスランキングから。書店で良く見かけた記憶はあったが、全くのノーマークだった作品。最終章でどんでん返しがあることは前情報からある程度覚悟。それ故に、インタール―ドに登場するシリアルキラーの正体は分かりやすいので、その先にもう一段仕込まれていると、今となっては明白なのは仕方がない。どんでん返しにも、人によって好みがあるので、「ふ〜ん…」で終わる読者も多そう。この本の良いところは、ラストの驚きのシンプルなインパクトでも、充分に勝負出来る上に、本格として、推理の構築方法に新しい見せ方を提示したところだろう。

  • 海猫 さん

    帯に「2冠!第1位」(現在は3冠)と書いてあるし、多数の推理作家陣による称賛のコメントを読むとどうしてもハードルが上がる。作家の香月史郎と霊媒の城塚翡翠が、コンビで殺人事件を解決していく連作短編集。まず翡翠が美人で言動行動が可愛らしくミステリアスな雰囲気も相まって、かなり萌える。各話軽快なので、食感がライト文芸っぽい。そう思い、読んでいくと思いきりしてやられた。実は予想以上にロジカルに組まれた作品で、ライトどころか確かに本格ミステリの味わい。ハードルを余裕で超えてくる内容に納得させられる。読んで良かった。

  • パトラッシュ さん

    某少年探偵は「真実はいつもひとつ」と断言するが、真実に至る過程がひとつとは限らない。これが霊媒師と推理作家がダブル探偵を務める本作の隠れたテーマだ。霊視で殺人犯を見抜く探偵を論理的にどう説明するかという難問を巧みにかいくぐってみせる第三話までは本格ミステリとしての高い完成度で読者を満足させるが、最終話でそれまでの物語を完全に否定してのける手腕は見事だ。今年の本格ミステリ大賞と推理作家協会賞のダブル受賞も夢ではない。ただ今後続編が書かれるとしても、ヒロインの真実を知ってしまった読者を騙すのは難しいだろうが。

  • サウナ探偵 さん

    割と初めからコイツが怪しいな〜と思ってて、物語半ばで犯人を確信した。そして迎える最終章、やったぜ!俺が名探偵だ!と拳をかかげた数ページ後に地獄に突き落とされた。表紙のイメージに偽りはない。さすがのこのミス1位。翡翠ちゃんペロペロ。

  • しんたろー さん

    霊媒師・翡翠と小説家・香月がコンビを組んで、霊感と論理を駆使し怪事件を解決する連作集で、最後に全編のドンデン返しが描かれている…ミステリ三冠!とか、本屋大賞ノミネート!とか、煽られてハードルが上がり過ぎていたせいか驚きや興奮はなく、かと言って不満だった訳でもない。伏線を緻密に張り巡らし、論理の構築も丁寧で真っ当なのだが、何故か魅力を感じない。それは、テクニックが先走った印象で、綾辻さんや三津田さんらにある熱や愛を感じないからだろう。単に好みとして私には合わなかっただけで、作品としての完成度は高いとは思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

相沢沙呼

1983年、埼玉県生まれ。2009年『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を受賞してデビュー。11年「原始人ランナウェイ」が第64回日本推理作家協会賞(短編部門)候補作、18年本作『マツリカ・マトリョシカ』が第18回本格ミステリ大賞の候補作となる。19年『medium霊媒探偵城塚翡翠』で「こ

プロフィール詳細へ