きちんとわかる、ちゃんと作れる!チョコレートのお菓子の本

相原一吉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579208852
ISBN 10 : 4579208854
フォーマット
出版社
発行年月
2003年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25cm,87p

内容詳細

この世にチョコレートがなかったら、お菓子の世界はどんなに寂しいものになっただろう。チョコレート味のケーキから小さなボンボン・オ・ショコラまで、家庭でおいしく作れる方法を、やさしい解説と写真で紹介。

【著者紹介】
相原一吉 : 1952年、東京生れ。香川栄養専門学校製菓科卒業。洋菓子研究の先駆者、故宮川敏子氏を師とする。宮川氏と同様に、家庭ならではのお菓子作りを大切にし、納得のいくおいしさと合理的な作り方を追求し続けている。現在、スイス・フランス菓子研究所を主宰、香川栄養専門学校などで講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みずたま さん

    今年のバレンタインに。様々なチョコレートの菓子レシピが紹介されていて良かったです。チョコレートの性質や選び方まで載っていて興味深かったです。レシピじたいは、本格的な分ちょっと難しめかな。

  • 本読みじいさん さん

    クリスマス前なので手作りとはどんなものかと借りてみた。この本はかなりランクの高い内容で即、返しました。もすこし簡単なのをかりて来年チャレンジしてみるか・・・

  • もふたま さん

    図書館本。バレンタインの時だけ、ろくに調べずチョコに手を出していたのですが、あまりの知識の無さを自覚したので、一度きちんと基本を知りたくて手にしました。チョコについて知りたかったことは丁寧に説明されていました。一方、レシピはというと一週間前から仕込むものまであって、かなりハードルが高めです。グリオット。一度でいいから食べてみたい。作ってみたいとは言えないのが悲しいところです。

  • 前田詩織 さん

    チョコレートケーキっていろんな物がありますが(;^_^A私はいつもダイソーのチョコレートを買っています(`・ω・´)bかなり厚さがあっていいですよ( *´艸`)

  • hasemi さん

    チョコレートの性質、選び方から始まって、チョコレートの扱い方が丁寧に書かれているので、チャレンジしやすいと思う。トリュフにムース、ケーキ、アイスクリーム等紹介されているものも定番の物。チョコレートは「扱いが面倒」と感じる人も多いと思うけれど、この本を参考にして作り慣れてしまえば、案外そうは感じないかもしれない。(2003/12/13)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品