新商品あり

百田尚樹 レビュー一覧

百田尚樹 | レビュー一覧 | 【HMV&BOOKS online】は、本・雑誌・コミックなどを取り扱う国内最大級のECサイトです!百田尚樹に関する最新情報・アイテムが満載。CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズは、コンビニ受け取り送料無料!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!百田尚樹ならHMV&BOOKS online!!

商品ユーザーレビュー

7件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • この本を読んだ感想を一言で表すなら「玉石混淆」であ...

    投稿日:2018/12/21

    この本を読んだ感想を一言で表すなら「玉石混淆」であろうか。評価できる部分、できない部分が入り混じったような本である、という印象を受けた。それぞれに論じたいと思う。 【評価できる点】さすがにベストセラー作家というべきか、筆力はさすがに高い。歯切れよくテンポのある文体で、読者を一気に「百田ワールド」へと引き込んでいく。歴史書をとっつきにくいと感じている人も、これなら読みやすいはずだ。ベストセラーになっているのも決してフロックではない。全書中のハイライトと言えるのはやはり朝日新聞批判(465p〜 )であろう。ここからの「朝日・リベラル批判」の文章の熱量は明らかにそれまでの文章と異なっており、百田氏はここが書きたかったからこの本を書いたのでは、と思えるほどだ。WGIPについて指摘したのも(421p〜 )いかにも百田氏らしいチョイスと言えよう。また、江戸時代の財政家荻原重秀を「ケインズを先取りした」先覚的な経済改革者として評価した(184p〜 )ところは大いに首肯できる。 【評価できない点】全体を通して天皇および皇室についての扱いがアバウトかつ冷淡に感じられるのは、保守派を自任する人の著書としては違和感を覚える。継体天皇の出自についての論考やその後の「万世一系」についてのコラム(30p〜 )、崇徳天皇の出生についての記述(82p〜 )などが特にそうだが、皇統について論じることへの百田氏なりの思いとかスタンスが余り伝わってこないのはどうなのだろうか。昭和天皇についての記述についても通りいっぺんのような印象を受けた。思うに百田氏は天皇や皇室への思い入れがそれほど 深くないのではないか、そう感じられてならなかった。また、鎌倉・室町・戦国時代は近年定説の見直しが盛んで、最新の研究成果が次々と発表されているが、百田氏の記述は従来通りの古い定説をほぼなぞったもので、情報のアップデートがなされていないのはちょっと気になった。例えば応仁の乱が起きた原因については「息子を将軍にしたいという母の我儘な思いからだった」(130p)と日野富子ひとりに責任を被せるように書いているが、呉座勇一氏の『応仁の乱』を読んだ後ではこの認識はいかにも単純すぎると感じられる。「各地の大名同士の戦いは歴史的にはさほど重要なものではない」(134p)という、戦国時代についての認識にはとても賛成できるものではない。各地の大名同士の戦いが収斂されて三英傑の天下取りへと繋がっていくのであり、これを無視するのはあまりに乱暴すぎるのではなかろうか。もう一つ、全体を通して「朝鮮」を不必要なまでに攻撃的に書く一方で「中国」について多少遠慮がちに書いているのはやや気になった。 こうして論じていくとやはり「玉石混淆」の印象はぬぐえない。

    金山寺味噌 さん |40代

    0
  • 日本の為に命を捧げることを誇りに思い出撃していった...

    投稿日:2018/05/31

    日本の為に命を捧げることを誇りに思い出撃していった特攻隊員たちのエピソード一つ一つが、涙なくしては読めませんでした。元特攻隊員たちが当時の惨劇を淡々と語る姿に胸が詰まされます。戦争を経験していない全ての日本人に読んでもらいたいです。

    kkk さん |30代

    0
  • 勘の悪い私は『永遠の0(ゼロ)』の”ゼロ” の意味す...

    投稿日:2014/04/14

    勘の悪い私は『永遠の0(ゼロ)』の”ゼロ” の意味すら考えず、 2013年本屋大賞を受賞した百田尚樹氏のベストセラー作品ということで読み始めた。 ページをめくって間もなく、”零戦闘機のゼロ”だとわかった。 そんな私は読書の習慣もなく、気が向いた時しか本を手にしない。 ところが読み始めてみると、あまりのリアル感に、活字は苦手なはずの私も ドンドンとストーリーへ引き込まれていく。 「実は祖父のことを調べたいのよ」フリーライターである姉の一言で、 戦死した祖母の最初の夫の事を調べ始めた、ぼく(弟/健太郎)と姉 祖父の戦友たちを訪ね歩き、段々とその素顔が明らかになっていく・・・ 章が進むにつれて、時には眉間にしわを寄せ、時には自然と涙が頬をつたっている・・・ 果たしてこの小説は、フィクションなのかノンフィクションなのか?? 戦争中の海軍の様子がリアリティに感じられた。 そして、最後の最後に明かされる真実とは? プロローグに直結する感動のエピローグ。 戦争当時の惨状は教科書や資料館、写真や映像でお目に掛かってはいるものの、 自分に置き換える事が難しい。 また、戦争で散って行った数多くの日本人の心情など想像すらつかない。 姉弟の祖父(たち)の生への執念、そして家族愛。 平和ぼけした現代人が一読すべき心に突き刺さる一冊だ。

    ぽんちゃん さん |40代

    0
  • クリスマスイブの日に起きた5つの奇跡の物語。それぞ...

    投稿日:2010/08/28

    クリスマスイブの日に起きた5つの奇跡の物語。それぞれ味わいがあって、一つ一つが良質な映画を観ている気分になれるストーリーばかりだ。読み終わった後もその余韻がいつまでも心に残っている。「永遠の零」の次に出版した本との事。主題が全く変わっても読後にこの余韻が残り続けるという作者の才能は変わらない。ぜひ、クリスマスのプレゼントに贈りたい一冊だと思う。

    ミータン星人 さん

    0
  • 上巻で予想した通り、木樽が大きく化けた。その反面、...

    投稿日:2010/08/25

    上巻で予想した通り、木樽が大きく化けた。その反面、天才児鏑矢が天才なるが故に努力を怠り、萎えていく。その展開はすばらしい。出直して更なる飛躍を期した鏑矢の一瞬の栄光。エピローグがすばらしい。プロローグでストーリーテラーとしての役割を予感させた燿子が、その役割を見事に果たし、余韻を持って物語を終えている。 「永遠の0」の構成、人間群像を彷彿とさせるすばらしい感動作である。

    moritan さん |60代

    0
  • プロローグの出会いがいい。この3人が運命的な出会い...

    投稿日:2010/08/25

    プロローグの出会いがいい。この3人が運命的な出会いをし、この3人がストーリーテラーとなっていくことを予感させる。そして、いじめられっ子だが成績優秀の特待生である木樽優紀がボクシング部に入部する。しかも、指導者の指導をかたくなに守り、ハードな練習を自分に課していく。マンガ「はじめの一歩」の導入部を思わせる展開である。やがて、天才児鏑矢義平を超えていくことを予感させる。また、高校のボクシング部と、プロのジムとの人間像の対比が、モンスター稲村と天才児鏑矢との対決に結びつけていきそうで、楽しみが増してくる。

    moritan さん |60代

    0
  • 題名に惹かれて買い、読み出したら止まらなくなった。...

    投稿日:2010/07/20

    題名に惹かれて買い、読み出したら止まらなくなった。約600ページの分量を一気に読んでしまった。戦争物語ではあるものの、愛を描いた作品であった。戦争に対する意識や、特攻に対する今迄近寄らなかった自分の心の溝を埋めてくれた。正直衝撃を受け、終戦記念日のただあの暑い夏だけの思いがとても重く、切ない物に変わった。涙がこみあげてくる。日本人として読んでみるべき一冊だと思う。

    ミータン星人 さん

    5

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%