夏の騎士

百田尚樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103364146
ISBN 10 : 4103364149
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
追加情報
:
256p;20

内容詳細

あの夏、ぼくは「勇気」を手に入れた。稀代のストーリーテラーによる約3年ぶり、渾身の長編小説。人生で最も大切なもの。それは、勇気だ。ぼくが今もどうにか人生の荒波を渡っていけるのは、31年前の出来事のおかげかもしれない――。昭和最後の夏、ぼくは仲の良い友人2人と騎士団を結成する。待ち受けていたのは、謎をめぐる冒険、友情、そして小さな恋。新たなる感動を呼び起こす百田版「スタンド・バイ・ミー」、遂に刊行。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    百田 尚樹は、ほとんどの作品を読んでいる作家です。著者版、少年時代、スタンド・バイ・ミー、青春小説の佳作でした。少し出来過ぎ感はありますが、多少私小説入っているのでしょうか?久々すんなり心に沁みこむ物語です。ところで著者の小説引退宣言は、本当でしょうか?

  • まるけん さん

    手のひらにお互いの汗を感じながら彼女と下校した最後の夏を思い出した。幼い頃はわざと相手の嫌がる事をして、成長するにつれて相手の顔色を伺うようになる…。作品の中に出て来る初めてのキスシーン。自分の過去とシチュエーションが似ていて、より作品に引き込まれたなぁ。そして、最後の数行がこの本を手にした幸せをより感じさせてくれます。中高生の夏休み課題図書にどうぞっ。まぁ、一部のPTAには反発を食らう事でしょうが。さぁ、次は亡き祖母が飼っていた『らんちゅう』を思い出しながら赤松ちゃんに再会、『らんちう』へ。

  • 修一郎 さん

    百田さんが描くスタンドバイ・ミーです。男の子の必須アイテム秘密基地付きです。読後感爽やかです。勇気をもつこと,今やるべきことをやりきることが後悔のない人生を送るための大切な指針だ!というシンプルなメッセージだ。共感できるエピソードをちりばめてきっちり作り込んだストーリーが職人技。百田さん作品ってことでアマゾンのあまりの数の提灯レビューに引いてしまった。爽やかな読感に浸っていればよかったのに残念です。小学生の夏休み読書感想文課題図書にぴったりだ,と思ったら人気急上昇らしいっす。。

  • Yunemo さん

    著者作としては純粋感あふれる回想記とでも言えるジャンル。そういえば、あの夏、自身はどう過ごしていたんだろうね。つい自身の同時期の想いが呼びおこされます、秘密基地らしきもの作ったような覚えもあって。落ちこぼれという範疇で3人を括りますが、決してそんなことはない、一般的な平凡さじゃないのかな。貧困、家庭環境でのいじめ、これって今でもあり。でも今と比べて強いな、と想うのは自分だけかも。一面友情論であり、今やるべきことをやって、達成感を味わう、これも本能的に。勇気をもって一歩、これが出来てたらなぁ。       

  • 旅するランナー さん

    ふぇんざないっはずかむ...ベンEキングの歌声が間違いなく聞こえてくる。小学校6年生の落ちこぼれ3人組が過ごす夏。秘密基地でのダベリ、図書館での勉強、少年探偵団、うきうきする初恋...ガキの頃の記憶が鮮やかに甦る。様々な出来事・経験・出会いを経て、少年たちは人生に大切なことを学んでいく。今やるべきことをやる。苦痛を充実感に変え、その結果得られることを楽しさに変換する。ベストを尽くす。そして、わずかでも勇気を持つ。こりゃー、百田さんを日本のSキングと呼ばなきゃ。僕はこの小説を心底気に入っている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

百田尚樹

昭和31(1956)年、大阪市生まれ。同志社大学中退。放送作家として『探偵!ナイトスクープ』等の番組構成を手掛ける。2006(平成18)年『永遠の0』(太田出版、現在講談社文庫)で作家デビュー。『海賊とよばれた男』(講談社)で第10回本屋大賞受賞

プロフィール詳細へ

百田尚樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品