日曜劇場 99.9 刑事専門弁護士 SEASON II 上

百瀬しのぶ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594079086
ISBN 10 : 4594079083
フォーマット
出版社
発行年月
2018年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
宇田学 ,  
追加情報
:
511p;19

内容詳細

日曜劇場では超異例のシリーズ化!松本潤主演新感覚の痛快リーガル・エンターテインメント・ドラマSEASON2 1〜5話を完全小説化!日本の刑事事件における裁判有罪率は、99.9%。しかし、たとえ99.9%有罪が確定している事件でも、残り0.1%が確定していない限り、それは本当の意味での“事実”にたどり着いたことにはならない…。あの型破りな弁護士・深山大翔が、再び0.1%に挑む!

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さといも さん

    ドラマ見ていないと…ちょっとあの背景とか場面とか分かりづらい気がする。楽しめない訳ではないので下巻にいきます。

  • ともとも さん

    ★★★☆☆

  • 林田力 さん

    尾崎弁護士は重要な役回りを果たしそうである。SEASON Iでは検察の対決という終わり方だったが、SEASON IIは裁判官との対決になりそうである。これは重要なテーマである。日本では司法の独立は大津事件があり、古くから重視されていたが、逆に裁判所に対して無批判になりがちである。逆説的に言えば独立した官僚機構となった司法が裁判官の独立の障害になっている。市民から独立してしまっているような司法官僚を弱めることが必要と考える。

  • そうげつ さん

    ドラマの内容を確認しようと読みました。ノベライズとしては……あまりできはよくないかな……と個人的には思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

百瀬しのぶ

作家。映画やドラマのノベライズ、児童書などを手がける

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品