1万人を治療した睡眠の名医が教える誰でも簡単にぐっすり眠れるようになる方法

白M龍太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784776209560
ISBN 10 : 477620956X
フォーマット
出版社
発行年月
2017年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
183p;19

内容詳細

「目を閉じてもなかなか眠れない」「夜中に何度も目が覚める」「よく眠っているはずなのに疲れが取れない」そんな人は深〜い眠り「深睡眠」の時間が、足りていないのかもしれません。深睡眠が不足していると、ぐっすり眠れないだけでなく、やる気が出ない、「血圧」「血糖値」「コレステロール」の値が、上がりやすいなど、生活面や健康面にさまざまな影響が出ます。健康でいるため、イキイキとした毎日を送るために、ぜび本書で紹介する「ぐっすりストレッチ」をお試しください!

目次 : 1 すぐに眠れて朝まで起きない「ぐっすりストレッチ」のやり方/ 2 「ぐっすりストレッチ」であなたの睡眠が大きく変わる(「よく眠れない」「寝ても疲れが取れない」は“深睡眠不足”が原因だった/ 「ぐっすりストレッチ」で「深睡眠」をしっかりとれば目覚め爽快! ほか)/ 3 「ぐっすりストレッチ」で久しぶりによく眠れた!体験談/ 4 質の高い睡眠で生活習慣病を予防し、病気に負けない体をつくる(免疫力を上げて、三大疾患「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」を防ぐ/ 生活習慣病のもと「血圧」「血糖値」「コレステロール」の値を改善する ほか)/ 5 さらにぐっすり眠るための8つの裏技(邦楽で起きれば気持ちいい目覚めが待っている/ 幸せな眠りを運んできてくれるのは、朝の一杯の味噌汁 ほか)

【著者紹介】
白濱龍太郎 : 睡眠、呼吸器内科、在宅医療の専門クリニック「RESM新横浜」院長。筑波大学医学群医学類卒業。東京医科歯科大学大学院統合呼吸器病学修了。東京共済病院、東京医科歯科大附属病院を経て2013年に「RESM新横浜」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • コージー さん

    ★★★★☆ぐっすり眠れない原因は、深い眠り「深睡眠」が足りていないからである。この本では睡眠専門医が、特別な道具もいらず、簡単な動作で誰でもできる「ぐっすりストレッチ」を紹介。睡眠改善を調べたが何をしたらよいかわからない、、いろいろ試したが長く続かない、、そんな方に特におすすめしたい本です。【印象的な言葉】@ぐっすり眠るためには、眠りについてから4時間以内に、深睡眠を2回以上とることが必要。Aうつ病を発症している人を調べたところ、80%~85%は不眠で、10%~15%は過眠傾向にある。

  • りえ さん

    特に気にしてなかったけど、昨日早速実践してみた。寝つきは良かった気がするし、ぐっすり寝た気もする。とりあえず1週間くらいやってみようと思った。

  • rn さん

    実践しやすそうな内容でした。目覚めた時のスッキリ感が得られるようにストレッチをやりたいと思います。

  • Artemis さん

    @シャワーで首の凹みのツボを押しながらマッサージ。寝る Aお風呂あがりに肩回しストレッチ。肩甲骨を動かすように指先まで血流の流れを感じて。 深部体温を上げるのに効果的で、便秘冷え性、ストレス免疫肩こり肌荒れに効果的。 B布団に入って、足を動かしながら深呼吸。足の甲を手前に倒す時に吸って、履く時に足裏側に倒す。 これだけ!シンプル!

  • かいてぃ〜 さん

    書店にて立ち読み。人生の約1/3は睡眠に費やすのだから、上質な睡眠は大切ですね。寝る前の肩甲骨周りのストレッチを試してみます。深部体温を上げて、時間の経過による体温の低下を利用して睡眠を促すのは効果的かと思います。雪山で遭難して、体温が低下すると眠くなるという「寝るなぁ〜っ!眠ったら死んでしまうぞっ!」っていうアレですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品