「ウルトラセブン」の帰還

白石雅彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784575313260
ISBN 10 : 4575313262
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
388p;19

内容詳細

放送開始50年!

かくてヒーローは去った。
新事実多数の決定的ドキュメンタリー。圧倒的分析力で「そのとき何があったのか」を再構築する迫真のドキュメント。新発見の資料を総合することから見えてくる“歴史的事実"…。
著者にしか書けない驚異の一冊。「ウルトラマン」から半年を経た1967年10月1日、待望の「ウルトラセブン」がテレビに姿を現した。
子供達は大喝采で迎え、金城哲夫をはじめとする若きスタッフも自信満々であった。しかし、ある人物が作品の先行きに危惧を抱いていた…。前作2冊でファンの度肝を抜いた著者が、ついにシリーズ最高の人気作に挑む第3弾。
豊富な一次資料を駆使し、あくまで同時代の視点で、制作過程を再構築する。
かくて「ウルトラセブン」は朝焼けの空へ飛び去った……!

【著者紹介】
白石雅彦 : 1961年秋田県生まれ。映画研究家、脚本家、映画監督(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Bugsy Malone さん

    『ウルトラQの誕生』『ウルトラマンの飛翔』から続く三部作完結編。今でこそウルトラシリーズの傑作と認められているセブン、しかし、放映当時は制作側と視聴者側の求める物が空回りし、回を重ねるごとに視聴率は低下して行った。本書は新たに発見されたウルトラセブン撮影日誌を初め、メモやインタビュー、映像化されなかった準備稿など膨大な資料を元に、制作側の思惑や苦悩、セブンにかける想いを推理し、明らかにしていく著者渾身のドキュメンタリー。なぜセブンの世界観はあんなにもウルトラマンと違うのか、その答えがここに有りました。

  • thayami さん

    拘りの代償と”連続性”、故の生みの苦しみ。暗中模索の中、原点回帰した最終回。ノートやメモに切迫感も滲む。ストーリー性重視の構成は現代故に理解度を得るも、”エレキングの角”のエピソードが物語るニーズ理解の難しさ。とはいえ平均視聴率、26.5%!予算でぶれた軸だが、人気はぶれない。未映像化脚本の件は、興味深い。因みに、セブンは2番目のお気に入り。以前コメントしていますが、一番好きなのはコスモス!中でも、セブンと同じ”ストーリー”が売りのルナモード。なお、多彩な脚注がセブン及び時代背景への理解を深めます。

  • keroppi さん

    なぜタイトルが「帰還」なのだろうと思っていた。「ウルトラQ」の「誕生」や「ウルトラマン」の「飛翔」は、そのまま理解出来たのだが。読んでみて、時代の流れや視聴率の降下、撮影現場の疲弊により、文字通り疲弊したセブンは、故郷のM78星雲へと「帰還」する。「ウルトラセブン」のその時を描写した力作である。当事者たちの苦しみが、全編からにじみ出てきて、読んでいて苦しくなる所もあった。しかし、再放送が繰り返される中、評価は高まり、ウルトラの傑作として「セブン」はファンの元へ「帰還」する。私は、放送当時から熱狂していた。

  • PAO さん

    スタッフの熱意と時代のニーズとがぴったり一致する幸福な傑作もあれば、いろいろな要素がすれ違い放映時には限定的な評価しか得られず終わざるを得ない作品もあります。『ウルトラセブン』は後者なのかも知れませんがその擦れ違いこそがこのシリーズだけに漂う不思議な余韻、哀愁、切なさとなって独自の世界観をもたらしている様な気がします。この本での詳細な『セブン』の分析を読んでその感を益々強くしました。怪獣ブーム退潮の中の視聴率低下による沈滞したムード漂う作品群こそが瀕死の『セブン』を傑作ならしめているではないでしょうか。

  • リンデ さん

    テレビ草創期の、特撮テレビ番組についていくつもの著書を著している著者が、ウルトラシリーズについて書いたすぐれたドキュメンタリー。「ウルトラQの誕生」「ウルトラマンの飛翔」につぐ第3作。シリーズ中最高傑作ともいわれ、私も最も好きな「ウルトラセブン」について、作品のみならず、円谷プロ特撮史、テレビ映画史における位置を、新資料を駆使して、緻密に読み解く。セブンの不幸が、子供たちを楽しませる精神に欠けたところにあった、という指摘は、著者とは同世代だけにとても納得される。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

白石雅彦

1961年秋田県生まれ。映画研究家、脚本家、映画監督(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

白石雅彦に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品