東国の古墳と古代史 読みなおす日本史

白石太一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784642075152
ISBN 10 : 4642075151
フォーマット
出版社
発行年月
2022年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
277p;19

内容詳細

近畿のヤマト勢力にとって、東国はどのような存在だったのか。西日本と共通する要素を持ちながら、強い独自色を示す東海・関東の古墳からアプローチ。東日本の政治連合の形成、牧と馬の文化など、古代史の謎に迫る。

目次 : 序 東国の古墳に学ぶ/ 第1部 東海の古墳を考える(東日本における政治的世界の形成と濃尾平野/ 尾張・東之宮古墳と東国古代史/ 美濃・昼飯大塚古墳の語るもの ほか)/ 第2部 関東の古墳を考える(古墳からみた上毛野とヤマト王権/ 相模・長柄・桜山一・二号墳/ 上総・金鈴塚古墳が語るもの ほか)/ 第3部 古代東国の牧と馬の文化(東国における牧の出現/ 馬匹文化受容の背景)

【著者紹介】
白石太一郎 : 1938年大阪府に生まれる。現在、国立歴史民俗博物館・総合研究大学院大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ウォーカージョン さん

    東国の主な古墳の詳しい解説とそこから推察されること。あちこちで発表された文章を集めたものなので、多少統一感に欠ける。全体を大きくまとめた、素人にもわかりやすいものを読みたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品