カーニバルの誘惑 ラテンアメリカ祝祭紀行

白根全

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784620606026
ISBN 10 : 4620606022
フォーマット
出版社
発行年月
2003年11月
日本
追加情報
:
21cm,223p

内容詳細

放浪と無頼の旅の果てにたどり着いた、極彩色のカーニバル。ブラジル、ボリビア、キューバ、コロンビア、トリニダード・トバゴ、メキシコと、各地のカーニバルを巡り、めくるめくラテンの真髄に迫る1冊。

【著者紹介】
白根全 : 日本で唯一、世界中でも2人しかいないカーニバル評論家、ラテン系写真家。高校時代から世界の辺境一人旅を始め、フォトジャーナリストとして現在までに訪れた国は6大陸、140カ国超。仕事(取材調査撮影録音渉外観察記録編集企画など)その他(探検冒険踏破潜入縦断横断登攀潜伏沈没釣魚暇潰しなど)、さまざまな理由で現地に入り浸っている。東京生まれ、青山学院大卒。地平線会議同人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • グレ さん

    日の丸を背負った選手団の華々しい活躍により金メダルラッシュに沸くリオ。Olympics開催中につき今ホットだからとかではなく、ラテン美女たちの褐色の美パイオツが合法的に見られるからという退場スレスレの不純な動機で図書館から借り出した本。13日の金曜日にゴルゴダの丘で処刑された救世主イエス。Portugueseでモーホ=丘。日本でモーホつったら丘じゃなくてオカマになっちゃうよ。それではまた4年後、Tokyoで会いましょう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

白根全

日本で唯一、世界中でも2人しかいないカーニバル評論家、ラテン系写真家。高校時代から世界の辺境一人旅を始め、フォトジャーナリストとして現在までに訪れた国は6大陸、140カ国超。仕事(取材調査撮影録音渉外観察記録編集企画など)その他(探検冒険踏破潜入縦断横断登攀潜伏沈没釣魚暇潰しなど)、さまざまな理由で

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品