白川道 レビュー一覧

白川道 | レビュー一覧 | 【HMV&BOOKS online】は、本・雑誌・コミックなどを取り扱う国内最大級のECサイトです!白川道に関する最新情報・アイテムが満載。CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズは、コンビニ受け取り送料無料!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!白川道ならHMV&BOOKS online!!

商品ユーザーレビュー

2件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 「偶然」「運命」「宿命」がこの作品の根本テーマです...

    投稿日:2010/07/14

    「偶然」「運命」「宿命」がこの作品の根本テーマです。 視点は、主人公である桐生と引退した刑事 渡が軸です。 とにかく、上記3つのテーマが前面に出てくるので、リアリティという面では突っ込みどころが満載です。 しかし、この作品はそれを凌駕する筆者の力量と白川道ワールド(ある意味で”お約束”)で作品にグイグイ引き込まれ、違和感を残さずに最後まで突き進めます。泣かそうとする意思が伝わりすぎてその面だけが引っかかりますが、涙腺がゆるい人は泣きっぱなしでしょう。 原稿2500枚を超えるこの作品は、恐らく「天国への階段」と比較されるべき作品であり感動作品です。 ラスト数ページ、100円玉最後の一枚を表にするか、裏にするか。白川先生もどうしようか悩んだのだろうなと思います。私は、違うエンディングを想像していましたが、ある意味納得の最後でした。

    メタリック さん |30代

    0
  • 竜一と竜二の双子の世の中への復讐劇を表の運輸省キャ...

    投稿日:2010/01/25

    竜一と竜二の双子の世の中への復讐劇を表の運輸省キャリアという地位を利用して、裏はやくざの世界から実行しようと躍進する物語です。この飛翔編は主に兄である竜一を主軸に置き物語りは進んでいきます。噂では3部作になるとの声も聞こえてきているので、次回作で竜二を主軸に、そして最終作で竜一・竜二そして美佐が複雑に絡んで、復讐は完成するのか?と期待を持たせます。この飛翔編は物語を語る上で必要な、各個人の背景と現在の説明が多いので少しだけダレますが、竜一の金儲けへの嗅覚のよさ、ヒリヒリする様な裏の世界で生きる為の術を緊張感タップリで進んでいくので、一気に読みきれます。白川道さんの作品は「天国への階段」、「終着駅」と読んできましたが、また一つ代表作が産声をあげたようです。

    メタリック さん |30代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%