空に唄う

白岩玄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309019116
ISBN 10 : 4309019110
フォーマット
出版社
発行年月
2009年02月
日本
追加情報
:
20cm,245p

内容詳細

「私って、死んじゃったんですか」。新米の坊さん・海生の目の前に突然現れた、死んだはずの女子大生。誰にも見えない彼女と、海生は同居することに…。「野ブタ。をプロデュース」から4年、文藝賞受賞第1作。

【著者紹介】
白岩玄 : 1983年、京都市に生まれる。2004年「野ブタ。をプロデュース」で第41回文藝賞を受賞し、デビュー。05年、同作は第132回芥川賞候補作になり、またテレビドラマ化され、70万部のベストセラーとなった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぶんこ さん

    祖父とともに執り行った通夜で、亡くなった同い年の碕沢さんの幽霊が現れ、見たり触れたり出来るのは自分だけと知る。 自己主張を殆どしない優しい海生さんですが、自分では何も出来ない碕沢さんの為に、色々と行動を起こします。 海生さんの人柄が好ましくて、読んでいてホッとするのですが、結局は49日前に碕沢さんは現れなくなって・・・それで終わり? 中途半端に終わってしまいました。 碕沢さんは何の為に現れた? 海生さんの一方的な恋物語? よく解らないお話でしたが、海生さんのお寺が、法事や檀家参りで多忙なのには驚きました。

  • みどどどーーーん(みどり虫) さん

    自分にだけ見える幽霊という設定に新鮮さはないけれど、静かで温かい二人の世界に切ない想いで浸りました。素敵なおじいちゃんもお母さんもいるし、海生はいいお坊さんになると思う。好きな話でした。

  • MIHOLO さん

    どちらかと言えば好きなタイプの本だとは思う。読んだ人の感覚に任せる的な結末も。でもやっぱり、もう少し何かが欲しかったかな。碕沢さんの家庭、恋人、手紙とか。主人公と亡くなったお父さんの事とか。でも少しずつ自分の気持ち出せるようになった海生、良かったね。イメージは海生がニノで、おじいちゃんが柄本明で読みました。

  • Romi@いつも心に太陽を! さん

    明確な変化、動きはないにしろ、彼が彼女のためにできることを必死に考え行動する姿は、それまで常に受け身に生きてきた彼の成長であり、初めての恋だったのかもしれない。 恋をすると人は新しい自分に出会う。彼にとっては、相手がすでに亡くなっている存在であることが切ない。 派手な作品ではなく、ラストも不意に訪れ戸惑いを感じるが、大切な人に「できること」が、果たして本当に相手の望んでいることなのか、ただのひとりよがりではないのか・・そんなことを考えさせられた作品。

  • 柊子 さん

    ぼやけた感じの印象。大きなエピソードはなくてもいいのだが、もう少し濃くてピリッとしたお話だったら愉しめたのに。主人公のキャラや家庭背景など設定はとても面白く、特におじいちゃんがいいのに、そのおじいちゃんが活かしきれてない感じ。もったいない。幽霊の物語でなく、生きた人間相手の、例えばご近所の謎解きや悩み相談のストーリーにしたらいいかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

白岩玄

1983年京都市生まれ。2004年『野ブタ。をプロデュース』で文藝賞を受賞し、デビュー

プロフィール詳細へ

白岩玄に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品